1万円くらいかけてもいいよ

1.はじめに
 1万円くらいかけてもいいよという方は、”タダ”よりちょっと楽な方法を選択できます。それは、アナログオーディオをデジタル変換するために販売されている、「サウンドプロセッサー」を使用する方法です。
このページでは、IOデータ機器より発売されている「DAVOX」を例に御説明します。私がこのHP内で公開しているBCL受信音は、すべてこのDAVOXを用いて作成したものです。

2.「DAVOX」の機能と添付ソフト
 DAVOXはアナログオーディオ信号をデジタル変換し、PCへUSB接続で入力したり、またPCからの音をアナログ音として出力できるものです。「USBオーディオ」機器としてPCに認識されます。
また、このプロセッサーには[Sound It! 3.0 LE]なる音楽の録音&編集&変換ソフトが付属しています。これ一つで「タダ」のコーナーで御説明した3つのソフトの機能すべてが入っています。

 入力はPCのマイク端子等で、DAVOXまでいらないよという方でしたら、[Sound It! 3.0]だけでも¥7000程度で購入できますので、この方法もお勧めしたいです。

3.操作方法
<T> PCとDAVOX、DAVOXとオーディオ機器の接続をします
 説明書をよく読んで、接続をします。DAVOXには入力レベルコントロールがありませんので、オーディオ機器のヘッドホン端子と接続するのがベターです。


<U> 録音をします
 [Sound It!]を起動して、「入力レベル」ウィンドウを開き、オーディオ機器からの音量を調整します。時々黄色になる程度を目安にします。この際に、サンプリングレート、ビット数、ステレオ/モノラルの設定が[Sound It!]でできますので設定をします。CD並みなら、44.1kHz/16bit/Stereoと言う具合です。
 録音を開始しますと、[Sound It!]画面の右下に、録音時間の目安(=ハードディスクの空き容量に比例)が表示されますので、ハードディスクがきつい方は予め容量を空けておくことが必要です。


<V> 編集をします
 録音を終了しますと[Sound It!]に入力されたオーディオ波形が自動的に表示されます。これをカーソルを使って選択等を行い、編集することになります。このレベルではオーディオファイルはWAV形式です。
さて、<任意の部分の切り出し><音量調整><フェードイン><フェードアウト>などの加工が終われば、その部分を別の名前で保存します。保存の画面で、「ファイル形式」を選択できMMA/MP3等を選択すると自動的に圧縮ファイルとなり保存されます。楽をしたい方はこれですべて終了!です。

私の場合は、WMAファイルにタグを入れる場合が多いので、[Sound It!]の保存ではWAV形式のままとしておき「タダ」のコーナーで御紹介した[Rip!AudiCO FREE]をここで用いております。


<W> タグの入力とWMA/MP3変換をします
 [Rip!AudiCO FREE]を起動し、[Sound It!]で保存したWAVファイルを開きます。このあたりの操作は「タダ」のコーナーに譲ります。そして、タグ入力、圧縮形式、圧縮レベルを設定しWMA/MP3ファイルに変換をします。


<X> 最後にお掃除しましょう
 WAVファイルは非常に大容量ですから、ずーとHDDに置きっ放しにしないようにこまめにCD−Rに保存、または削除をしましょう。


おしまい!(もし御質問があれば私までメールを)


トップへ
戻る