ペットのための本屋さん           

  
犬や猫についての調べ物はこちらでOK!ペットに関する本が一挙大集合!

楽天ウェブサービスセンター

  • seo
ペットのための本屋さん

クリッカーで愛犬のトレーニング
価格: 1,890円
レビュー評価:4.0 レビュー数:1
犬のクリッカートレーニングに興味を持って購入しました。
基本的なクリッカーの使い方が書かれていますが、翻訳でどちらかというと大型犬向きの書籍かなと思います。小型犬の多い日本の実情にはどうかな?と思います。
うちも小型犬ですし(Mダックス)
また、無駄吠えのトレーニングなどももう少し具体的に書かれていると良かったと思います。
...さらに詳しい情報はコチラ

犬のことばがきこえる (ぶんか社文庫)
価格: 700円
レビュー評価:5.0 レビュー数:7
残念なのが2つ。
(1) 文章に面白みが少ない。
作家・ライターさんが書いた本ではないので、当たり前かも知れませんね。だけど、犬への愛情をとても感じられる文章です。
(2) 無い。
友達に勧めたいけど。ぜひ重版して欲しいです。

内容が素晴らしいので、犬と暮らしている人には、ぜひ読んでほしい本です。
犬への思いやりが、一層深まるはずです。
パートナーをより理解し、お互いが歩み寄り、豊かなペットとの暮らしを実現するのに、役立つでしょう。

うちの犬と、うまく付き合う切っ掛けになりました。
...さらに詳しい情報はコチラ

食べさせてはいけない!―ペットフードの恐ろしい話
価格: 1,890円
レビュー評価:4.0 レビュー数:3
殆ど法規制のないペットフード。
一体その中には何が入っているのか?
体に良さそうなキャッチフレーズに騙されてはいないか?
消費者が知ろうとしなければ、ずっと大切な犬や猫に良くないものを食べさせる事になるかも知れない・・・これは知っておいた方が良い現実だと思います。
ただ、海外のことなので、今現在日本ではどうなのかが知りたいところです。
...さらに詳しい情報はコチラ

最新犬種スタンダード図鑑
価格: 4,200円
レビュー評価:4.5 レビュー数:3
すべての犬種の写真が、美しく、いきいきとして、図鑑というより、楽しい本だった。
解説も楽しく勉強になった。
...さらに詳しい情報はコチラ

犬と人のスポーツ アジリティー・ドッグ入門―ヨーロッパ・アジリティーへの招待
価格: 2,447円
レビュー評価:5.0 レビュー数:2
アジリティに取り組む際、大切な、ワンコとの気持ち、向き合い方。
そういった精神面の大事さを、特にこの本の冒頭部分で、思い知らされました。
そうか、、あれはそういうコトだったんだな、、、と、後で振り返り、
反省しきりのアジレッスン。
この本ともっと早く出会っていれば・・と思いました。
最後に紹介されている、何基かの数少ないハードルでも、
有効なシークエンスの紹介があり、
自宅でもこんな練習ができるんだと、役立ちました。
...さらに詳しい情報はコチラ

明るい老犬介護
価格: 1,575円
レビュー評価:5.0 レビュー数:10
私事ですが、数年前に大型犬の寝たきり介護を行なっていました。毎日が戦いでこの子を失うことへの不安や葛藤、介護生活による慢性的な疲労から心身共に悲鳴をあげていました。ふと目に付いた一冊、よくある介護生活の心得が主だと思いながらも何かに救いを求め実際手にしてみました。内容は思っていた心得的本なんかではなく、開いてみて驚きの内容でした。老犬を支えながらも苦しいでしょうが楽しくそして言葉に出来ないような互いに絆を携え、共に暮らしている方々のレポート。私何してたんだろう?今一番必要なことに気付かされたようで、感極まって号泣してしまいました。言葉には出来ない心の宝物。興味がある方は、是非それをご自分で感
...さらに詳しい情報はコチラ

犬の現代史
価格: 2,625円
レビュー評価:4.0 レビュー数:2
明治、大正、昭和と近代史の中で犬がどのように扱われていたかを多くの資料から読み解く本。この本を読むと、現代の過熱したペットブームはここ20?30年くらいのことであり、それまでは犬と人との距離はそれほど近くはなかったことがわかる。

まず日本人には犬を使役するという概念がなかったこと。犬といえばイコール番犬であり、放し飼いにされ、あるいは繋がれて家を不審者から守ることに重きが置かれていた。警察犬も導入されたもののなかなか根付かなかったようだ。軍用犬として訓練を施し戦地に同行させても、最後まで責任を持って犬に接するという概念が日本人には欠けていた。負傷し、助かる見込みのな
...さらに詳しい情報はコチラ

For Jun―あるゴールデン・レトリバーと過ごした日々
価格: 1,890円
レビュー評価:4.0 レビュー数:6
犬の介護を通じて知り合ったお友達よりプレゼントしていただいてこの本と出会いました。

清里の自然の中でJUNも同居していた動物達もみんな輝いていました。
犬と共に暮らした経験を持つ人ならきっと入江さんご夫妻と共感できる所がたくさんあるのではと思います。

介護生活の記録はもちろんですが、共に暮らした動物達とのエピソードも素晴らしく
種を超えた「命を守り育てる」優しさを教えてくれました。

写真を眺めるだけでも楽しく心が和むお気に入りの本になっています。
プレゼントにも喜ばれると思います
...さらに詳しい情報はコチラ


Copyright (C) 2009 ペットのための本屋さん All Rights Reserved.