肘内症(脱臼)の解説

小さなお子様のご両親様へ

お子様の肘関節が抜けて、手がぶらりと下がり痛がる場合は、肘内症といって肘の関節が脱臼していますので、放置したり様子を見たりしないで、早急に整骨院、接骨院に連れて行き脱臼箇所を整復(入れる)処置をしてあげて下さい。
当院では可能な限り深夜早朝でも対応しますので、遠慮なくお電話下さい。
急患(緊急)の場合は休診日や時間外でも受付可能の場合がありますので、電話で確認してください。
和光市だけでなく、新座市・朝霞市・板橋区(成増 高島平 下赤塚)・練馬区(光が丘)から通院いただいています。