[ホーム][告白][メディア一般][小説感想][フリートーク][Adult Comics][討論の場][休憩所][電子私書箱]

近親相姦掲示板 ☆告白体験談☆

[この掲示板には実際の体験談や未遂体験談をお書きください]

投稿者 投稿者をブラウザに記憶させる (いくつかのブラウザで有効)

題名

内容(全角35字から40字程度で改行を入れてください。 タグは使えません。)

書籍化される場合、掲載を許可してくださいますか?
掲載可掲載不可

投稿ボタンを押す前の注意事項
 ・この掲示板では他サイトの宣伝、紹介は禁止です。
 ・創作や妄想かと問うのは厳禁です。
 ・内容は男女間の近親相姦に限定させていただきます。
 ・感想、応援はフリートークへお願いします。
 ・多重投稿、無断転載はお断りします。それらが判明した場合、当該出版社、HPと相談の上、
  プロバイダの協力を得て該当者を告発します。

新しい記事から表示します。最高100件の記事が記録され、それを超えると古い記事から削除されます。
1回の表示で15件を越える場合は、下のボタンを押すことで次画面の記事を表示します。


母  ー続編ー 投稿者:雅之  投稿日:02月01日(日)13時44分31秒

中学の頃から、母の裸の写真を撮らせてもらい家ではもちろん、ドライブ
に行くと、そこで人がいない場所で脱いでくれた、
「誰もこないわよね」
その頃から脱ぎやすいワンピースにして、母が脱いでくれた下は着けて
ましたが、僕に脱がさせたりして、可愛いレース柄のブラジャーと対に
なったショーツとかも穿いてました。裸になった母のオッパイを吸った
り、アソコも舐めさせ、母の中に入れしっかり中出しをしてました。

屋外で裸を撮影をするのはよくあって、人がいない場所を選んでますが、
それでも見られてしまったことはあります。エッチを外でする時は、人
がこない場所を選んでしてます。3箇所は見つけてあり、一つは家から
少し走る場所で、そこは人に見られない場所で、暖かい季節は母とそこ
でしたり、もう二つはドライブに行って見つけた場所で、そこでもよく
やったりしてます。

屋外プールへも行くのですが、母は黒のビキニなんですけど、実は生地
が少し薄く乳首とアソコが透けて見えます。水の中にいる時はいいので
すが水から上がり、近くで見れば透けてみえ、チラチラと見られていま
す。母もそれは承知ですが、見られない様にタオルを巻いて隠してます。
ビキニを着けるのでヘアーはかなり薄くしてあり、いまでも時々エステ
に通いヘアーの手入れに行き、伸びないようにしてます。

オッパイはずっと吸っているせいか形も崩れてません、乳首が上を向い
て、以前は夢中になってキスマークも着けてしまうのもあり、母が中々
消えないと言われ、最近はキスマークをつけないようにしてます。
中学生の頃はオッパイを夢中になって吸い揉んでいたかな、勉強の合間
によく吸わせてもらってました。


義母とのセックスは1回2万5千円 投稿者:智之  投稿日:01月31日(土)13時59分58秒

俺は26歳で妻は25歳になる。
結婚して2年…1歳半の娘と3人で幸せに暮らしていた。
妻には身内が兄しかいなかった。
父親は妻が中学生の時に事故で亡くなっていた。
母親は存在しているが俺は会った事が無かった。
妻は母親とは犬猿の仲でとても恨んでいた。
だから結婚式にも呼んではいなかった。
恨んだ原因は母親の男癖の悪さだとは聞いていた。
結婚している時から浮気ばっかりだったらしい。
父親が亡くなってからは一層男遊びが酷くなっていった。
妻が高校生の頃は家に何人もの男が来ていたらしい。
妻はそんな母親を嫌い高校卒業後に一人暮らしを始めた。
以来母親とは会っていないと言っていた。

去年の夏の時だった。
妻は娘を連れて俺の母親と父親の兄に当たる伯父の葬儀に行っていた。
俺は夏風邪を挽いてしまい家で寝ていた。
昼過ぎた頃に俺は起きて妻の用意した食事を食べていた。
そんな時にチャイムが鳴った。
ドアを開けると少し派手だが美しい熟女が立っていた。
俺は保健の勧誘の女とばっかり思っていたが…
何とその熟女は妻の母親だったのだ。
初めて会ったが一応義母なので無碍には出来ずに家の中に入れた。

絶縁状態だった為に写真などでも無く初めて義母の顔も見た。
大人しい妻とは正反対で顔も外見も派手な義母だった。
だがそれゆえに義母の色気と仕草が際立っていた。

義母の用件は金の援助の事だった。
俺は小さいながらも会社を経営していた。
正確には親父の会社を継いだ二代目という事なんだが…
それを知っていて援助を頼みにきたのだ。
しかし義母とはいえ妻とは絶縁状態にある。
俺はその事を言い出して義母には援助はしないと言った。

すると義母は俺の前でいきなり服を脱ぎ始めたのだ。
そして下着一枚の姿に……
40代後半だと聞いていた義母の熟した肉体には正直驚いた。
綺麗な乳房、引き締まっている腰、細くて綺麗な脚…
そして汚れた部分など無い真っ白で綺麗な肌…
俺は義母の裸から目が離せなくなっていた。
若い妻よりも…そう…そそる肉体だったのだ。

すると義母は俺に近付き股間を触ってきた。
俺の肉棒はもう硬くなっていた。
肉棒が勃起しているの確認した義母は俺のズボンを下ろしてきた。
そしてあらわになった肉棒を見て[若いから硬そうね…]そう言った。
そして肉棒を舐めフェラチオしてきたのだ。
義母のテクニックは凄かった。
妻の数倍…いや百倍は上手くて驚いた。
俺は一気に欲情してしまい、あっという間に射精してしまった。
精子を飲んだ義母はその後も肉棒を舐め続けた。
肉棒は小さくならずに硬いままだった。

肉棒を舐めるのを止めた義母は立ち上がると俺の顔に乳房を押付けてきた。
柔らかい乳房に俺はもう我慢出来ずに揉んでしまった。
すると義母は甘い声を出してきた。
熟女のイヤラシイ喘ぎ声に俺は更に欲情していった。

そして俺は義母とセックスしてしまったのだ…
義母とのセックスは最高に気持ち良かった。
男経験が豊富な義母の肉体は俺を何度も興奮させてくれた。

結局それが原因で俺は義母に援助をする約束をしてしまった。
月に10万の援助なら妻には知れずに出来る。
そして義母との気持ち良いセックスが出来るのであれば…
週に1回の義母とのセックス…1回が2万5千円…
義母の肉体を考えれば安い金だとも思った。

あれから半年…俺は毎月義母に10万円を援助している。
そして週一の割合でセックスも…
しかし最近はもっと義母とのセックス回数を増やしたいとも思った。
そう思う程に義母とのセックスは気持ち良過ぎるのだ。
だから今月からは15万円の援助に変えた。
すると月に6回は義母とセックス出来る…

金を払っているから母子相姦の罪の意識も薄らいでいる。
無論妻はこの事は知らない。



母のレッスン  -2- 投稿者:雅之  投稿日:01月31日(土)11時21分32秒

中学入学後、母が二階の部屋にローベッドを入れた、二階の奥の部屋で
フローリングの上にカーペットが敷いてあった、その手前が僕の部屋に
なってます。
「この部屋なら、安心できるでしょう」
以前に母がその部屋に布団を敷いてそこで母と愛し合ってました。
僕と母のセックス専用になったのです。家の造りがL字形でその部屋の
陽あたりがよく、ベッドを部屋の中央に頭を南にして置いた。
あまり詳しく書き込むと家が知られると困りますので書けませんが、その
部屋で母とセックスをする様になり、外を見ながらしたりもしてます。

昨夜は一階の母の寝室でいつものように一緒に寝て、母と裸になりセックス
を始めると時間も忘れて求め合ってました。今朝母が清々しく
「おはよう」
ベッドの中でキスをして抱き合い、朝食前に一度済ませ、お昼の買い物
出かけました。休みの日はお昼が決まって一時頃になる。今日はもちろん
お昼の後は二階の部屋にいって愛し合います。


若かりし頃 投稿者:定年  投稿日:01月30日(金)15時22分44秒

あれはもう40年位前の話しになります。ある伯母で関係を密かに待ち、叔母
と昼日中に激しいセックスも珍しくなく、一人娘がいて私との関係も知られ
てました。関係を持った理由がなんだったのか覚えてません。
「ねえ、別荘に一緒にいかない?」
「別荘?」
「ウフフ・・・あそこなら邪魔がはいらないでしょう」
両親には伯母の方から話しをして、両親は私と伯母の関係は知られずに
いたのもあり、すんなり決まり、伯母の会社に勤めていたので怪しまれ
ず、伯母と二人で別荘に行くことにした。

「ねえ、母と別荘にいくの、頑張ってね」
と怪しく微笑み、伯母と出かけ、別荘に突くと早々に求めあった
お互いに脱がせあい、ベッドに倒れこみセックスに夢中になってました。
「ステキよ、もっといいのよ・・・・あん・・・あん・・・」
「伯母さんいいよ」
「伯母さんはやめて・・・百合子って呼んで」
「百合子気持ちいいよ」
「私もよ、あなたもっとして」
伯母を名前で呼び、激しいセックスに燃えあってました。
伯母と別荘に滞在したのが2泊3日、セックス三昧に日々になってました。

一人娘の美崎から、あることを教えてもらったのです。
「絶対秘密よ、うちの父親がお宅のお父さんにうちの母の相手をお願い
していたの、自分が抱けないでしょう、母はセックスが好きなのね、
二人して昼間から激しいセックスもよくしていたのね、目撃したことも
あるの、うちの父が黙認してすごい激しかったわよ、事務所が少し離れ
ていたから聞こえなかったでしょうけど、あの頃は午前中からあったみた
いよ・・・ねえうちの母は好きでしょう、求められたんでしょう・・・私
とはダメかしら?」
「え!?」
「私も抱いてくれる?」
家だと困るのでホテルへいった、美崎も激しかった、親子二人を頂いた。
青春時代でした。


母のレッスン 投稿者:雅之  投稿日:01月29日(木)14時24分14秒

僕は今年20歳、母の体で性教育を受けたのが小学校6年の夏休み中でした。
今でもはっきりと覚えてます。母には以前から憧れを抱いてました。
ミニスカートが似合い、母のブラウスからブラジャーが透けて見えたりして
僕は母に自然と母に興味を持つようになってました。

その日、僕は母から家にいるように言われ、母は洗濯とか済ませると
二階の部屋にいった、そのとき母は布団を敷いていたみたいで、降り
てくるとバスタオルを巻いた姿になっていた
「雅之、お母さんとシャワーをしよう」
母と一緒にと驚きました、母と一緒だったのはいつ頃までだったか
僕は母と一緒にシャワーができると思い、母に言われるままに服を脱い
でました。
「雅之と一緒になんて久しぶりね、お母さんの体を洗って」
母が正面にいたオッパイとワレメがみえて、母の毛は薄かった。
母のオッパイも洗わせてくれた
「そっと優しくよ・・・・こっちも洗って」
母が両足を軽く開いて、僕はしゃがみ込むと母のワレメが少し開いて中
のミンク色が見えてました。母が僕の正面に立って、僕はワレメを下か
ら見上げてました。

「ウフフ・・・・開いてみたいんでしょう・・・二階にお布団が敷いて
あるから、ママのソコを見させてあげる」
母が僕のチンチンを洗っていたとき、勃起をしてしまい、驚いたのが
母が口に咥えて舐めてくれたんです。すごく気持ちよく、二階に上がり
母が布団入り、エアコンが効いていたのもあってシャワーの後で汗がひき
「お母さんと二人の秘密よ」
母が僕を横に寝かせ、僕の口に乳首を含ませてくれた
「オッパイ吸って・・・可愛い、赤ちゃんみたいね、オッパイが欲しかっ
たんでしょう・・・いっぱい吸って」
母が左右の乳首を吸わせてくれた、母の体からなんとなく甘いような香り
がしていた。

母が両足を立膝にして開き、アソコを開いて見せてくれた
「恥ずかしいけど、見てお母さんの○○○○よ・・・あー見てる・・・・
もっと開くわね・・・」
初めて見た母のオマンコで、綺麗で僕は自然とソコに顔を近かずけた
「舐めてもいいのよ・・・内緒よ・・下から上にゆっくり舐めるの」
僕は母のオマンコに口を付けると舌でゆっくりと舐め上げていた。

母がのけぞり可愛い喘ぎ声を上げてました。
「上手よ・・・あーっ・・・雅之・・・・あーもっと舐めて吸って」
僕は夢中になって、僕も勃起をしてました。
「お母さん・・・」
母がゆっくりと起き上がり勃起を手にした
「お母さんの中に入れてみる」
「うん、お母さんの中に入れたい」
母が正常位にして開くと、僕は間にはいり母の誘導で教えてくれた
「ソコよ、ゆっくりでいいの・・・・あーっそうよ」
「お母さんの中に入っていくよ」
ヌルとした感じで僕の勃起は母の中に入り
「おいで」
母が両手を開き重なると、母がキスをして僕はもう夢中になった
「ゆっくり動くのよ、お母さんを突き上げるのよ」
「お母さん・・・・・お母さん・・・・」
「いいのよ、お母さんすごく気持ちいいの」
僕もたまらなく、それほど動いてないと思う、母の中でドクドクして
母が僕を強く抱き締めて、両足も僕も背中に絡め、精液が出るのも知らず
僕は母の中に入れたままでいた。母の息が乱れ、僕は母の上に重なって
ました。これが母との初体験で、母から男と女のセックスをレッスンされ
、中学、高校、短大と母の中に出し、成人式は昼間ラブホテルで激しい
セックスで母と燃えあってました。


息子 投稿者:美代子  投稿日:01月27日(火)11時08分17秒

主人48歳、私36歳、息子14歳もうすぐ中学2年になります。幼児の頃から
溺愛をして入浴も共にして、添い寝もしてあげ母乳が出なくても乳首を
与え好きに吸わせてきたのです。以前は息子の寝る横で主人と愛し合い
裸で重なり合っているのも見られてしまったこともあります。
「パパとママが裸でいたのは秘密にしてね」
息子の口に乳首を含ませたりしてました。

「なんだオッパイ吸って寝てしまったのか」
主人とエッチを再開していたのですが、実際には起きて夫婦のセックスを
見られていたんです。私もなんとなく起きているのかなと思いましたが、
主人とセックスを始めると主人も私もセックスに夢中になってしまって
いたんです。

私が今でも息子と入浴は共にしており、主人は承知してます。
「オッパイ吸って」
浴室で裸の胸に息子を抱き締め乳首を与え吸わせてあげ、息子がまるで
乳児の様に吸い付き可愛く、浴室ですから裸も見せております。
「お母さん、時々お母さんの可愛い声が聞こえるよ」
息子から言われ恥ずかしく、息子は私と主人がセックスをしているの
を知られてしまってます。

「いやだわ恥ずかしい、誰にも言わないでね」
息子の前でアソコを開いてあげ教え、
「お母さん舐めたい?ねえ舐めていい?」
アソコに口を付けさせ、
「下から上にゆっくり舐めて・・・・・あーっ上手・・・そうよ・・・
あん・・もうそんなに強く吸い付かないの」
「お母さんの○○○○舐めてみたいと思っていたんだ」
「そうなの」
「だっていつも○○○○が見えていたから」
「もういいわよ、好きなだけ舐めていいわよ」
つい入浴が長くなり、最近は私が立ったまま後ろから迎え入れてあげ、
私の子宮に発散をさせるです。

主人の帰りがだいたい夜8時過ぎになり、その前に息子と入浴を済ませ
るのです。主人とベッドに入りアソコを見られ
「なんだもうこんなに湿っているぞ」
アソコを開いて見られ
「随分ヌルヌルしているな、息子の精液でも出させているのか」
ベッドに入る前にアソコを洗うのですが、やはり解かるのでしょうか

「まあいいか、若いエキスを吸収して綺麗になるか」
私が息子と入浴を共にしているのは知っており、主人の前で息子に乳首
を含ませたりもあります。
[お母さんのオッパイはいいだろう」
休日の昼間、息子にまるで授乳の様に吸わせているのも知ってます。
日曜日とか昼間、息子の部屋に入り愛し合っております。主人も多分
解かっていると思います。そんな時主人が部屋の外で
「ゴルフの練習に行っているぞ」
息子の明るい陽が射すベッドで愛し合うのです。困るのが乳首を吸われ
過ぎと、キスマークを乳房に付けられたりするのです。アソコのヘアー
も息子の希望で薄く、アノ周りはなく上の方にわずかに残すだけしか
ありません。


母と姉 投稿者:和夫  投稿日:01月25日(日)00時58分18秒

数日前に俺は母親を犯した。
犯し初めて1時間くらいすると母親は感じ喘いでいた。
母親が何度目かの絶頂に達した頃にいきなり部屋のドアが開いた。
開けたのは姉だった。
全裸の俺と母親を見て姉は驚愕して怒り始めた。
そんな姉を俺はベッドの投げ出し全裸にして犯した。
姉の肉体も母親と引けをとらないくらいに素晴らしかった。

姉とのセックスに興奮したのか?
母親は俺の前でオナニーし始めた。

そしてその後は3Pに発展した。
俺と母親と姉・・・・・・
血の繋がった親子と姉弟のセックスは最高だった。
母親も姉も良い良い良い良い良い良いを連発していた。



等々強引にやっちまった 投稿者:夏生  投稿日:01月25日(日)00時48分21秒

49歳の母親の裸を見てから三ヶ月・・・
熟した母親の肉体に俺のチンコは痛い程に勃起した。
それからというもの母親とのセックスを妄想してはオナニーしていた。
さすがにオナニーだけでは我慢出来なくなっていた。
そして等々2時間くらい前に母親を犯してしまった。

俺は母親の入浴の時を狙っていた。
理由は裸だからだ。
犯すというのは相当なリスクがある。
激しく抵抗されては服を脱がし裸にするのも容易ではない。
だから俺は全裸になっている入浴中と思ったんだ。

2時間前・・・母親のの入浴を確認した俺はオナニーした。
それはすぐに射精感がこない為だ。
オナニーが終わった俺は全裸になり浴室へと向かった。
そして一気に浴室へ入った。
母親は突然の事に身動き出来ずに声を出して無かった。
そして俺が抱き付くと状況を把握したのか悲鳴を発した。
逃げようとする母親を押さえ付けながら乳房を揉んだ。
柔らかい感触に一気に欲情した。
真っ白な母親の身体は触り心地が良くて素晴らしかった。
俺は勃起したチンコを母親の口に無理矢理入れた。
てっきり歯を立てて抵抗するかと思っていたんだが・・・・・・
母親は歯を出してはこなかった。
俺は自分からチンコを前後させてみた。
母親は辛そうな顔でいた。
数分チンコを前後させていると母親はまるで抵抗してこなかった。
母親を立たせ膣穴に指を入れるともう濡れていた。
俺は母親の向きを変えるとバッグで挿入した。
駄目駄目と言いながらも挿入した瞬間に大人しくなった。
母親の膣穴は驚く程にキツクて締まりも最高だった。
俺は夢中でチンコを突いた。
すると数分後には母親は甘い声を出して喘いできた。
母親とのセックスは最高に感じた。
身体も極上なら膣穴も極上・・・・
今までに20人以上とセックスしてきたのに・・・・・・
まさか一番に気持ち良いオマンコが母親だったなんて・・・・
灯台下暗しとはこんな事を言うのか??????

俺は2時間余りのセックスで6回も射精してしまった。
自分の性欲の強さに驚いたが母親は俺以上に絶頂に達していた。
最後の方は激しく喘ぎ自分から腰を振って感じまくっていた。

今母親は気絶して寝てしまっている。
俺も疲れて眠くなtってきた。
でも朝起きたら俺はまた母親を犯す事だろう・・・・
それ程までに母親とのセックスは気持ち良かったんだ


息子にレッスン −2− 投稿者:由紀恵  投稿日:01月24日(土)15時31分10秒

 勉強が終った息子がベッドに入ってきたのが深夜を過ぎていたと思い
ます。私の胸を探り乳首に吸いつき乳房が揉まれてました。
「お勉強終ったの?」
乳首を吸いながら<うん>と返事をした息子がまるで乳児の様に吸い
母乳が出なくても息子に毎日吸われて、そして私のアソコに吸い付き
「ママいい香り」
と言い、ソコに吸い付かれ、愛液でトロトロにされる頃は私も欲しくな
ってしまい息子を求めてしまいます。
「ママの中にきて強く突いて」
息子が私の両脚を支え奥まで突き上げられ、
「きて」
と両手を広げ、息子と肌を重ね愛し合い、私の体を覚えた息子はしっかり
と抱き締め私もしがみついてしまうのです。

「ママ・・・・ママ・・・すごく気持ちいい・・」
「ママもよ・・・もっと愛して・・・・あーいいわー」
激しく力強い突き上げに私の体は息子なしに居られず
「ママ・・ママ・・ママ・・・出そうだよ」
「いいのよ出して」
子宮に熱い刺戟を感じ、私は息子を強くしがみつき抱き締めてました。
避妊リングと、ピルも服用をしており、息子の性を受け止めてます。

若さで私の中に挿入したままで2回戦に挑まれ、週末の夜はシースルー
のネグリジェ一枚にして、息子に脱がしてもらい、昨夜も裸に脱がさ
れた私は喘ぎ悶えて
「ママって可愛いね」
息子の胸に抱かれ、激しいセックスで裸のまま寝付いてました。
「ママ、おはよう・・・寒いからこのままでいいよね」
私と息子は裸のままでしっかりと肌を寄せてました。息子のソレが硬く
なり私に触れ
「元気なの、いいわよママの中にきて」
息子が嬉しそうにすると、私に重なりすでに昨夜から刺戟を受け濡れ
ているソコに元気な息子が挿入され、朝から息子と一つになり愛し合い
朝食前に激しいセックスに夢中になってしまってました。

今息子は自室で勉強をさせております。私の体を知った息子は頼もしく
思います。息子の勉強の為にと思い体を許してます。私の体も変化を
しているのが実感します。以前よりも肌が瑞々しくなり体も線も女ら
しくなり、これも息子と愛し合っているからでしょうか、いつまで
息子と愛し合いたいと思いますが、やがて息子が私の体から離れる日
がくるとは思います。


母智子と01 投稿者:ター  投稿日:01月21日(水)11時29分53秒

はじめまして
私34母智子は55の仲の良い親子です。私達が関係をもったのは、13年前に私がバイク事故で入院している時から、始まりました。
私は中学1年の時に温泉等で肉棒をさらけ出している大人達よりもすでに私の肉棒は大きくコンプレスクスでした。
はじめて異性と関係をもったのは、19の時で、20の順子で順子は何時でも誰にでもSEXさせる、超ヤリマン女でした。私はそんな事も知らず、告白されて付き合う事になりました。
順子にリードされて、順子にはじめて肉棒を見せた時にデカって言われ、バックで挿入している時に順子はあぁ〜出ると良いながら、大量に3回連続潮吹きしました。当時の私は潮吹きと知らず、大量にマン汁が出たのだと思いました。それから、何度もSEXしているうちに順子を失禁させたり失神させたり出来るようになりました。順子は友人達に私の愛撫や肉棒がデカいと言いふらしていた為、順子の浮気相談をしたながれで、順子の友人達と関係をもってしまいました。私はその当時中古車の営業をしていたので人数は覚えていませんが、数人のお客さんとも関係をもちました。
その時肉棒が大きいのは、女性を喜ばせる反面奥を突き過ぎたら、痛がらせるので、腰の使い方を自然と覚えていました。順子と関係をもって別れるまでの3ヶ月間に私も10人以上の年上女性と関係をもってしまいました。順子と別れて直ぐに順子の知り合いの風俗嬢のえみと付き合いました。えみの住まいと私の職場が近かったお陰で毎日のようにSEXして帰宅していました。それから、2ヶ月ぐらいたって順子から、連絡があり会う事になりました。順子はえみと付き合っている事も知っていましたが私の肉棒をツナギの上から撫で回しツナギを脱がせ私の肉棒をしゃぶりだしました。
順子はやっぱりこのチンポが良いと言いながらジュボジュボと音をたてしゃぶり私もその気になり、順子に愛撫してやると、すごい上手になってる〜と叫び潮吹きをしました。挿入前に一休みしていると上手になったねぇそれに肉棒も前よりも一回り以上大きくなってると喜んでいました。どうやら、順子は別れてから、何人かの米軍の黒人とSEXしたらしいのですが、一番デカい人でも私と同じか私よりやや小さい程度だし柔らかいって言ってました。私は黒人ってスゲェ〜デカいと思っていたのに有る意味ショックでした。
順子はえみに私を貸してもらうように話をしていましたので、えみ公認のセフレになりました。
私は母智子と関係をもつ21迄におそらく30人以上の年上女性を喜ばせてきました。
話はそれましたが本題に戻ります!!
バイク事故で入院している時にも順子との関係は、続いていました。
見舞いに来た順子と私の病室は個室だったので、SEXをして順子が帰った後に美人看護師さんのリエがきました。リエは、さっきの人って順子じゃないと私に聞いてきたので、リエちゃん知り合いなの?と聞くと高校の時の同級生と知らされました。
リエは、さっき順子とSEXしてたでしょと言いあの子超ヤリマン女だよと私に言うと、私は知ってます!!
別にアイツとは、付き合って無いし、アイツがSEXしたいって言うから、するだけですよと、言いました。
リエは、でもあの子の気持ちわかると言い更に内緒だよと言うと布団の中に腕を入れてきました。
私はえっマジですか?とリエに聞くとうん!!マジだよと言いさすが看護師布団の中で巧みにズボンと下着を脱がせて私の肉棒をシゴキはじめました。
あっというまに勃起してしまい、リエは笑顔ですごい大きいねぇと私にキスをすると、リエはフェラを開始しました。私は気持ち良さに益々勃起しふとリエを見るとオナニーしながらのフェラでした。
私は挿入したいとリエに伝えると良いけど大き過ぎるから、恐いとけど付き合ってくれるなら良いよと言い私は即OKしました。
リエは美人だしスタイルもAV女優かグラビアのアイドルかと思わせるぐらいエロいですし当時最大のFcupでした。リエは、私に股がり肉棒を握りしめ、ゆっくりと挿入していきました。
するとリエのオマンコはメキメキと音をたてながら、私の肉棒を飲み込んでいきました。
私はリエに大丈夫?と聞くとうん大丈夫だけど少し待ってと言い私にキスをするとリエは、ゆっくりと腰を動かしはじめました。
私はリエに気持ち良いと聞くとうんすごいと言うので軽く下から突き上げてやると、リエは何これ〜と言いこんなの凄すぎると言いながら、一瞬で絶頂しました。私はそれでも腰を止めず、動かし続けリエは、私の上でイキっぱなしになり最後は失神していました。
私はリエさん起きて大丈夫?と聞くと凄すぎたと言い、私に抱き付きました。その日からリエと付き合う為に順子とSEXする関係を一時中断しました。ある日リエが私の身体を清拭している時にねぇ〜フェラして良いと聞くので私も迷わずOKだよと言いフェラでした。して貰っていると少しドアがあきましたが、他の看護師さんに見られたかなと思いましたが、リエと私が付き合っているのを他の看護師さん達も知っていましたから、気にしないでいたら、実は母智子でした。
私はフェラではイカないので、リエも仕事中なので10分ぐらいで病室を後にしました。
少しして私は寝ていると下半身に違和感を感じふと起きると、なんと母智子が私の肉棒にしゃぶりついていました。私は背徳感に興奮していましたが、気持ち良いしさっきリエに途中までだったので、もう少し楽しもうと、思いそのまま寝たふりをしていました。
母智子もフェラしながら、何度もすごい凄すぎると言いながら、フェラをしていました。母智子も興奮が最高潮に達し母智子は、フェラしながら背徳感に酔いしれイキました。
私は母智子に起きていた事を告げて欲しい?と聞くと母智子は、欲しい欲しくて堪らないと言いましたが、でも病院だから、我慢するからアンタも我慢しなさいと言いました!!
続きはまたかきます


息子にレッスン 投稿者:由紀恵  投稿日:01月19日(月)14時10分51秒

私37歳、主人と離婚して一年位になります。自分で独立したと言えば、聞こ
えがよいと思うのですが、実際はある方と不倫関係になり、その方の支援で
独立したのですが、もちろん主人には知られずに済み、あくまで独立する
と言いそれを離婚のきっかけにしてました。

息子にそのことを話すさいに、早めにしようと思い、小学校の6年生で、
ある土曜日でした。
「ねえ、ママ出掛けるけど、一緒に行こう、何か欲しいものがあるなら
買ってもいいのよ」
主人はゴルフの練習に出かけ、息子に話す機会だと思い連れ出し、私は
息子を手放したくはなく、傍に置きたいと考え私の体を息子に開いて、
迎え入れてもいいと思っておりました。

息子を助手席に乗せ、郊外のホテルへと向かい、ホテルの門を車がくぐり
「ママ?!ここってホテルだよ」
「パパには秘密にして」
息子の手をとると部屋に入り、支援をしてくださる方に抱かれたホテル
で、部屋は違いましたが怪しい雰囲気に満ちて、私はすぐに浴槽にお湯
を出すと、息子の服を脱がせ、私の脱ぐのも手伝わせたのです。
「ホックを外して」
ブラのホックを外させ、ショーツも脱がせようと
「ママのを脱がせて」
息子が跪きショーツを下に下ろし、ソコを見つめていたのが分かりました。
「ママと二人の秘密ね」
息子と体を洗いあい、浴槽に入ると息子を膝の上に抱き胸の前に抱き締め
たのです。
「ママのオッパイ吸いたい?ベッドで好きなだけ吸って」
息子と裸でベッドに入り、乳首を含ませ好きなだけ吸わせてました。
まるで赤ちゃんのように吸われ、私は左右の乳首を交互に含ませ吸わせ
そして私の女の部分も開いて教え、まだ6年生でしたが私と一つに結ばれ
子宮に熱く感じたのです。

「ママと二人の秘密ね」
息子に主人と離婚をする離しを切り出し、
「ママと一緒にきてくれる、オッパイも毎日吸って欲しいの、ママの中
にも入れてもいいのよ、ママと二人で暮らそう」
私は女の体で息子を射止め、何も知らないのは主人だけ、離婚になる
話し会いの席に息子も同席させ、
「僕はママと一緒に暮らしたい」
主人の前ではっきりと言い切り、主人は息子を無理やりに連れてはいけず
親権を放棄するしかなく、ちょっと時間は掛かりましたが、離婚に応じて
現在は息子と一緒のベッドで、若い性欲を受け止めております。


近親相姦の申し子 投稿者:裕輔  投稿日:01月18日(日)16時18分18秒

俺は21歳の鳶をしている。
高校中退してから働いてもう5年近く働いている。
仕事柄体力には自信はある。
そして筋肉質な肉体と大きくて太い肉棒にはもっと自信を持っていた。
今まで関係を持った女はみんな驚き歓喜の声と乱れる程に感じていた。
だからかもしれないが女は(やっちゃえばこっちのもんだ…
そんな事も考え強引にセックスした事もあった。
だが思った通りに女は最後は激しく感じて大きな喘ぎ声を出していた。
そんな十代を過ごしたからか?
セックスしたい…そう思った女は必ず落としてきた。

そんな俺は今(近親相姦)の申し子みたいな事をしている。
事の始まりは2年前の俺が19歳の時だった。
母は4人姉妹の2番なのだが一番下の妹が家に泊まりに来た時だった。
母は当時は44歳、姉は2歳上、2人の妹は2歳下と3歳下だった。
だから家に来た叔母は41歳だったと思う。
旦那の浮気が原因で喧嘩して小学3年の娘と一緒に家を出てきたらしい。
ちょうど娘が夏休みだった事もあり1週間くらいは俺の家にいた。

叔母が来てから2日の時に俺は叔母の全裸でのオナニーを目撃した。
初めて目の前で見る熟した大人の女の裸に激しく興奮した。
そして40代の喘ぎ顔と色っぽい声に激しく欲情してしまった。
俺は理性を無くして叔母に飛び乗ってしまったのだ。
叔母の肌の感触に更に欲情した俺は激しく乳房を揉んだ。
驚いた叔母は抵抗してきたが俺は力ずくで抑えながら乳房を揉んだ。
オナニーの途中だった叔母は感じたのか数分で抵抗しなくなっていった。
そして俺の極太の肉棒を挿入してしまった。
熟女の膣穴は若い女よりも締め付けが強くて最高だった。
叔母とのセックスは最高に気持ち良かった。
(近親相姦)そんな禁断の思いもあったのか最高に欲情した。
叔母も挿入した後は変わり激しく感じていた。
少しすると[凄い、感じる、こんなの初めて、良い…]
そんな言葉を何度も繰り返して叫んでいた。
バッグでの攻めに変わるとよだれを流し白目の状態で荒々しく感じていた。
(やっぱり女はみんな同じなんだ…親戚でもこんなに感じるなんて…)
俺は自分の肉棒に更に自信を深めていった。

母親の妹の叔母…完全に血の繋がった血縁関係にある。
近親相姦の禁断のセックスでの快楽と快感に酔いしれていった。
これがきっかけで俺は近親相姦と熟女の魅力に魅せられていった。

禁断…狂っている…鬼畜…キチガイ…普通ではない…
そう普通では無い事をするからその快感と快楽、欲情は半端ではないのだ。

その魔力に魅せられた俺は次の獲物を狙っていた。
次の獲物…それは母親の姉ともう一人の妹の事だ。
まずは母親の姉の伯母を標的にした。
46歳になる伯母は俺の家からは車で1時間くらい離れた所に住んでいた。
家には数回行った事があったので場所は解っていた。
専業主婦だと聞いていたので平日の昼間に実行しようと考えていた。
伯母は母親や母親の2人の妹よりは豊満な体系だった。
しかし太っている訳では無く巨乳でポッチャリ系だった。

平日の昼間に俺は伯母の家に行った。
俺が急に来た事に伯母は驚いていたが心地よく家の中に招いてくれた。
俺は家に入るとすぐに目的を実行した。
伯母をソファに押し倒して抑え付けながら上着のボタンを引き裂いた。
伯母の乳房は想像以上の巨乳で柔らかくて欲情した。
愛撫していくと伯母からの抵抗は弱くなった。
そして頃合いを見て肉棒を挿入した。
伯母も一緒だった。挿入された途端から変わり喘いでいった。
豊満で肉付きの良い身体は思った以上に快感を味合わせてくれた。
ただ誤算だったのが伯母の性欲だった。
何度も俺にセックスを求めてきたのだ。
セックスレスで欲求不満だった肉体は俺とのセックスで目覚めた様だった。
伯母とのセックスは数時間に及んだ。
これで俺は2人と近親相姦した。

次の標的は母親のすぐ下の妹だった。
叔母は42歳体系は母親はもう一人の伯母と似ていた。
そして俺は伯母を犯した。
伯母はずっと抵抗してきた。それも強い抵抗だった。
だが無理矢理に挿入すると数分で豹変し喘ぎ始めた。
抵抗の鎧が外れた伯母はその後は大きく変わり激しく喘いだ。

俺はこうして母親の3人の姉妹を犯した。
ただ3人共に挿入後は激しく喘ぎ狂乱していた。
まるで淫乱の様に激しく強く喘いでいたのだ。
そうすると予定に入っていなかった事が実行したくなった。
それは母親の事だ。
3人とは姉妹の母親にも淫乱気があるのではないかという事への興味が…

母親は今回の計画には入れてはいなかった。
やはり同じ家に住む母親に対しては性的感情は無かった。
しかし母親は4人姉妹の中でも一番に美人でスタイルも良い…
それは3人の姉妹よりも俺に快感と快楽を与えてくれるのではないか?
そんな思いが強くなっていったのだ。

俺は母親を犯すと決めた。
そのやり方は男なら一度はやってみたい…そう思う夜這いに決めていた。
父親が出張でいない夜に実行する事にした。

夜の12時を過ぎた頃に俺は母親の寝室に行った。
事前に俺は興奮のあまり2回もオナニーしていた。
やはり伯母達とは興奮度も覚悟もまったく違っていた。
寝室に行くと部屋は小さな電気が点いていて母親の寝姿が確認できた。
そしてゆっくりと母親のパジャマを脱がしていった。
想像を越える母親の裸に強烈な欲情で身体が熱くなり立ち眩みがした。
俺は自分も裸になり母親の脚を広げると唾をつけた肉棒を挿入した。
膣穴は濡れていないので中々挿入出来なかった。
肉棒が半分入った時に一気に奥まで挿入した。
その瞬間に母親は目を覚ました。
驚き何か叫んでいたが俺は激しく肉棒を突いた。
次第に膣穴は濡れてきて…それと同時に締りも強くなっていった。
そして母親も喘ぎ声を出してきた。
結局親子でも俺の極太の肉棒を挿入されると感じてしまうのだ。

母親とのセックスは伯母達よりも気持ち良かった。
この時は俺から何度も母親の肉体を求めセックスした。
朝までセックスに没頭してしまった。

俺はこうして母親と母親の3姉妹…4人と近親相姦したのだ。
今でも4人とは関係は続いている。
4人共に他の姉妹と関係しているとは知らずにいる。
















母とカーセックス 投稿者:博人  投稿日:01月17日(土)15時25分12秒

以前に乗っていたのが普通車の4ドアセダンタイプ、母と関係を持ち
「博人、今の車では狭いでしょう、乗り換えない、お母さんが費用を出す
わよ」
「乗り換え?いいの?」
「だって今のは狭いでしょう、あのときに脱いだほうがいいでしょう」
母と車を見にいくと、母が選び出し後ろが広く平らにベッドができる
ようなタイプを選び乗り換えた。

運転席の後ろとリアガラスに母がカーテンを付けるので、カー用品店に
母と行くと、必要なものを購入し、カーテンは母が別の店で購入すると
サイズにカットをしてからミシンでフリルをつけた。サイドガラスは
もちろんスモークガラスで、カーテンを引くと外からはまったく見えな
くなった。

「ウフフ・・・・これなら覗かれないわね」
母と暗くなってからカーセックスをしに出掛けた。エンジンを止めると
寒いので着けていた、道路からそれてますが、行き交う車が見える、人家
は近くになく、道路からそれほど離れてませんが、回りは田畑で灯りがな
いの暗がり、その道は道路と平行ですが、灯りもない車のライトがこちら
に向けば停車をしているのが分かると思いますが、曲がり角は先の方に
あり離れている。

母は家を出る時に裸にコート一枚だけで、すぐ裸になった
「母さんセクシーだね」
「早くきて」
母と重なりキスをし合い、オッパイを吸い揉んでから69になり、お互い
に舐めあい、僕の頭は高くして舐めやすくしてあった。
「母さん毛がないから舐めやすいし、美味しいよいい香りだね」
母が僕と相姦関係になると、母が僕の「女」になると言い、毛を永久
脱毛にして、ツルツルのパイパンになっている。

母のオマンコに口をピッタリにつけ舐めていたのですが、トロトロになり
「母さん蜜でトロトロだよ」
「吸って・・・すごくいいの・・・あーっいっぱい吸って」
母がオマンコを押し付けて吸い舐めて、僕のが完全に勃起をしてしまい
「博人すごいわー・・・硬い・・・ねえ入れたいの」

カーセックスは正常位が一番よくて、母に重なり肌がピッタリ密着して
母を突き上げて、母が可愛い声で喘ぎ、母から教えられリズムをつけ
母を突き上げてました。
「あん・・博人いいわー・・あーっあっあっ・・・ステキよもっと
・・もっといいのよ・・・」
狭い車の中で暖房を効かせ、母と重なりカーセックスに夢中でした。
母の中でドクン、ドクンとなり精液を子宮に出して、母が下から強く
しがみつき、両足も僕の腰の上で絡ませ、母の奥までピッタリと入れ
て、僕も母を抱き締め、てしばらくそのままでいてから、ゆっくりと
動きまた始めて、この夜カーセックスで幾度も母に挑み、母と僕の間
は汗で濡れ、母もウットリで、抜いた後も母から抱き締められ、
「ステキよオッパイ吸って・・・・博人愛してるわ」
母に抱かれオッパイを吸ってました。家に帰ったのが深夜を過ぎて
いた、母とお風呂にはいり、母とベッドで裸のままで、翌朝は僕の
成人式で、その夜は母と成人式(性人式)でまたやってました。


賢いやつほどやるもんだ 投稿者:近親相姦は  投稿日:01月15日(木)20時42分14秒

そりゃあ近親相姦が怖い気持ちはわかるけど
一度やっちゃったら天国だよ
ばれた時はかぞくみんなで一緒にやればいいんだよ
最高、家庭乱交だよね

家で妹や姉、
もちろん母親だって種付け放題!

ww.kit.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/shot2/minibbs-confess.cgi

リアルな近親相姦は人間だけができる究極の性愛だ
そとでかわいい子見つけて、相姦のの世界へ
誘い込もうぜ^^v
一回やったら病み付きになるよ
何てったって遠慮がいらないんだから(笑)
試しにちょっとだけでやってごらんよ

ww.kit.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/shot2/minibbs-confess.cgi

妹、姉、母、従妹、従姉・・・・
いろんなタイプの相姦がが賢明なあんたらを待ってるぜ

ww.kit.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/shot2/minibbs-confess.cgi


愛する息子と過ごす今(改正版) 2 投稿者:美和子  投稿日:01月14日(水)05時30分46秒

まさか娘が自分の息子(孫)とセックスしてるからだなんて言えませんからね。
一昨年の夏の事でした夏休みに母子で旅行した時にご夫婦と思われる、
若いカップルにプールで出合いました。ワンピース水着の奥さんと思われる女性の
お腹は明らかに妊娠していると分かるほど大きく膨らんでいました。
それを見た息子が思いも依らぬ事を私に言いました。
「ママ、僕・・・弟妹が欲しいよ・・・ねぇママと僕との赤ちゃんママ産んでくれない?」
私はどう返事したらいいのか分からずに呆然と息子の顔を見つめてました。
部屋へ戻るといつものように息子に抱かれましたが、その時も息子は自分との
子供を産んで欲しいと何度もせがんで来るのでした。
「あのねママがアキ君とセックスしている事、自体本当は世間では絶対にいけない事
をしてるのよ、でもママはアキ君を息子としてそして一人の男性として愛してるから
アキ君とママはセックスしてるのよ、許されるならママだってアキ君の赤ちゃん産んで
あげたいけど、それだけはだめなの分かってちょうだい」
そう言っても息子は素直に聞き入れてはくれず、私を追い込むように言います。
「ママ前に『赤ちゃんは本当に愛し合った男性と女性だけが産む事が出来る』って
でもママは僕の事を男性として愛してるって今言ったじゃ無い、僕だってママをママと
してだけじゃ無く、一人の女性として本気で愛してるんだよ、僕たちこんなに愛し
合ってるのに、赤ちゃんだけだめなのママぁ?」
そこまで言われて追い詰められると、私自身本心ではその時の半年程前から許される
なら、溺愛するアキ君との子供が産みたいと何度も悩んだか、でも私達は実の母子
もしハンディを持った子供が産まれたら、私は良くてもアキ君は自分を責めるだろうし
産まれて来た子が可哀想だと自分に言い聞かせていたのに、息子からその想いを引き
戻す発言に心を痛めました、旅行中や旅行後事ある毎に「私達はどんなに愛し合って
いても、赤ちゃんはだめなのよ分かってママの気持ちも」そう言ってかわしてました。
昨年の春に息子と買い物に出かけた時、今度は複数妊婦さんのカップルと出会い、
アキ君は妊婦さんの顔と私の顔を幾度も見て、私に赤ちゃんを産んで欲しいと目で
訴えてきましたが、私はわざと知らない振りをすると買い物の帰り、車を運転する
私にアキ君が腿を触ったり胸を触ったり、ついにはスカートの中へ手を入れて来たりで。
「アキ君!ママ車を運転してるのよ危ないでしょう、止めなさいアキ君!」
私が言っても「ママと今すぐしたい」と言って止めようとしないので、私はやむ得ず
車をUターンさせて、自宅から離れたホテル街へ車をやり、適当なホテルの駐車場へ
車を入れて、部屋へ入ると息子とセックスしました、息子は私を抱きながら
「ママ、僕達の赤ちゃん産んでよ、のママとぼくの赤ちゃんママ産んでよ」私を抱き
ながら、息子は何度も言ってきます、私も正直息子に初めて赤ちゃんを産んで欲しいと
告白されて以来、私も日を追う事に息子との子供を産みたいという思いが強く
なっていたのです。でも『それだけは絶対にだめよ』と自分に言い聞かせ、息子も
あの旅行後何度も言い聞かせて、ようやく諦めてくれたと思っていた矢先だった
ので、息子のがあの時以来ずっと心二人の子供が欲しいと言う思いを秘めていた事を
知らされてついに、私ももう拒否出来ないと覚悟を決めました。
「あああぁぁ・・・わかったわ・・そこまでアキ君が言うなら・・・ママ、アキ君の
赤ちゃんを・・・あうーああぁぁ・・・産んであげるから・・・ママがこれから言う
事をママに誓える?誓ってくれるならママアキ君との赤ちゃん産んであげるわ」
息子は念願を果たしたという喜びの顔になりました。
「まず、一つ目は産まれて来る赤ちゃんがどんなハンディを背負って産まれても、自分を
責めたりしないで可愛がってあげて?二つ目はママが妊娠してもお腹の赤ちゃんの
パパがアキ君だと誰にも絶対に言わない事、そして三つ目はママの出産にアキ君が
立ち会う事を約束して、女性にとって出産は前にも話したでしょう命懸けの大きな
お仕事だって、ママ一人じゃ出産出来ないのよだから、ママとアキ君と一緒に産まれて
来る赤ちゃんをお迎えしてあげたいの、アキ君が産まれた時パパが立ち会ってくれた
ように、この三つの約束をママに出来る?あはぁぁぁ・・・出来るならママ産んで
あげる・・・アキ君とママの赤ちゃん・・・アキ君の弟妹何人だってママ産むわ・・」
「わかった約束するよママ、絶対に約束守るからママ僕との赤ちゃん産んでよママぁ」
そして次の日から私はピルを飲むのを止めました、そして私達母子の『妊活』を始めて。、
昨年の夏にアキ君の子供を妊娠している事がわかりました、しかし父にはいつまでも
誤魔化せません、お腹が大きくなる前の昨年9月に、父に仕事を辞めたい告げました。
そして私が今妊娠している事も告白しました。私はすぐに実家へ連れて行かれ、お腹の
子供の父親の名前を両親から問い詰められましたがアキ君がお腹の赤ちゃんを父親とは
言えません、ついに業を煮やした父は私を勘当同然の形で秘書職から解雇されました。
もちろん実家の敷居を二度とまたぐ事も許さないと言われました。
私の妊娠は辛いつわりの期間を乗り越えて、私の妊娠は順調に進み、妊娠後のお腹の
赤ちゃんのの検査受けました。結果は「先天的障害はお腹の赤ちゃんにはありませんよ」
と言われて。私とアキ君はホッと胸を撫で下ろしました。
昨年の11月になると誰から見られても私が妊婦てある事判るほどお腹が膨らんで
来ました、そして年明け早々には私の妊娠は7ヶ月目に入りました。
アキ君が膨らんだお腹に手をやるとパパの手とわかるのかお腹の赤ちゃんが動きます。
アキ君とのセックスは妊娠初期から妊娠前同様に続けています、私は妊娠すると
『性欲』が強くなる珍しいタイプで、困って先生に相談すると、「無理に性欲を押さえ
ない方がいいですよ、今から話す注意点だけ注意すればすれば、妊娠初期でもセックス
がしたくなったらした方がいいですよ。無理にセックスを我慢するとママのストレスが
お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼし胎教にも良く無いから、ママとパパおたがいの気持ち
に素直になって、気を付けるべき点だけ気を付けてセックスすれば安産への好影響が
出ますから、妊娠中のセックスはダブーと言うのはほぼ迷信ですよ、ママとパパが仲良し
するのはお腹の赤ちゃんには一番いいんですよ、注意点だけ守っていれば妊娠36週目
までまでならセックスを続けてもいいですよ、37週目以降はいつ出産が始まっても
おかしくないので、セックスする際はお腹の張りに注意して、分娩予定日が近い妊娠
39週目までには、セックスは控えていつ出産が始まってもいいようしましょうね」
と先生からアドバイスを受けて、私はアキ君に先生に言われた事を伝えると、アキ君は
最初は怖々私とセックスしてましたが、今では妊娠前となんら変わらないセックスを
母子で楽しんでいます。今年の4月後半に出産予定日を迎えます、もちろん病院の先生
にアキ君の出産立ち会の許可も頂きました、一つ不安はアキ君を産んで以来私にとって
今回の出産が13年振りの出産となるため、先生からは「分娩台に乗ってからが時間が
掛かると思われますから、基礎体力と骨盤の柔軟性を付ける運動をしっかりとやれば、
赤ちゃん娩出までの時間短縮が期待出来ますよ、頑張りましょうね。それとセックスも
安産のための適度ないい運動になりますから、パパと仲良ししたくなったら、自分の
気持ちに素直になってパパと積極的に仲良ししましょうね」と先生に励まされながら、
私達母子は来る4月末の出産予定日にに備えて毎日最愛の息子アキ君とラマーズ法呼吸
練習と骨盤の柔軟性を付ける練習の傍ら毎日最愛の息子アキ君とセックスしながら、
アキ君との赤ちゃんを産む日を楽しみにしながら日々を過ごしています。


以上は、現在登録されている新着順1番目から15番目までの記事です。

[戻る]


パスワード:


MiniBBS v7.3 is Free.