バンダイ  1/100 プラスチックキット
機動戦士ガンダム F-91 ビギナギナ

モデルデータ
全高 155mm 全幅 117mm 重量 99g

TOPページへ

GARLLEYページへ

制作コンセプト
@大河原氏のマーキングパターンの再現
Aビギナの持つイメージカラーを崩さない
 程度のオリジナルカラー変更
Bショットランサーを装備させる

C動力パイプをポリパーツから
 密巻きスプリングに交換


キットを手に取った時はこんな感じでした。
しかし、古いキット(十三年前)なので
改造パーツの貼り付け、小改造の連続へ。
キットより改造パーツの方が高くなる
財布にキビシイ(笑)キットになりました。

F−91のライバル機(?)、ビギナギナです。
クロスボーン側のデザインフォーマットされた
ガンダム系といったラインでしょうか。
劇中では間違いなく主役級MSなんですが、
MG化の予定も無い現在、マニアしか知らない
マイナーMSになっていますね。
そんなマイナーMSをカッコ良くしてみよう!
こんな感じで制作開始となりました。

改造ポイント
@ 頭部

 マスクを切り離し
 目がきつくなる様に
 再接着
 前後のカメラへアルミ
 シール張り
A 胴体部
 首が長いので
 半分ほどカット
B 腰部
 フロントアーマーの
 スラスター開口
 及び、プラ板でフタ
C 腕部
 肩アーマーの先端
 三連フィンにプラ板
 貼り付け
 サイドアーマーを
 ポリキャップで
 取り外し式に
D バックパック
 フィンノズルが
 一体成型なため
 Yヒンジで独立可動
E 脚部
 膝部フレームが
 挟み込みなので
 後ハメ加工
 三連スラスターの
 ノズル部開口
 脛アーマーを
 ポリキャップで
 取り外し式に    

ほとんどが小改造ですが、改造一覧です。

本体色
シルバー一色なイメージが有りますが、それではつまらないので
明るい白銀色(ホワイト8対シルバー2)で塗ってみました。
ブルーはコバルトブルーに白少々。
シャドウはクリアーブルーで、全体仕上げにスーパークリアーです。

ビギナギナ
MG、HGUC、シードシリーズが大人気なガンプラですが、たまには古いガンプラをリファイン
するのも楽しいものです。 特に最近の良く出来たガンプラに飽きたマニアな方々、どうでしょうか?
モールドが激甘く、プロポーションがチョッとおかしい所に、私は改造燃えしてしまいましたわ〜
なんでモデラーって好んで大変な作業したがるんでしょ(笑)