> あがり症・社交不安障害(SAD)の治し方

あがり症・社交不安障害(SAD)の治し方


社交不安障害(SAD)って聞いたことありますか?
一般的にあがり症や緊張しやすい方はおられると思います。

この症状は、単に緊張しやすいのとは違い、人前で緊張を感じる場面において、めまいや過呼吸など体に異常をきたすまでの状態になることを言います。

この障害の患者数は国内に300万人以上と言われています。
これは札幌市で開かれた「日本不安障害学会」で報告されました。

以下ニュースからの引用です。

社交不安障害は、「人前で話せない」「会合に参加するのが苦手」など、人との交流に強い不安や恐怖心を抱き、生活に支障が出る病気で、学会の中で千葉大学大学院の研究者は「患者を調べたところ、症状が現れる平均年齢は18歳ぐらいだったが、実際に治療を受ける平均年齢は30歳を超えている」と指摘し、「病気ではなく性格の問題、と誤解されて治療が遅れるケースが出てきていることを報告しました。

参加した研究者によりますと、患者は働き盛りの人が多く、4割以上が仕事をやめたり休んだりしているということです。

このほか学会では、薬による治療だけでなく、カウンセリングを通して考え方や行動を変える治療も効果を挙げていることが報告されました。

座長を務めた千葉大学大学院の清水栄司教授は「今、患者に合わせたさまざまな治療法が出てきている。人との交流がうまくできず、おかしいと感じたら早めに相談してほしい」と話しています。

当院にも、これに当てはまる方が沢山来られています。
またこの症状だけでなく、うつやパニック障害を併発している方が多いように感じます。当院の場合、特に症状がひどくなってから来院される方が多いので、そのせいかもしれませんね。

これらの症状の原因は、精神的ストレスによるものが大きいように思います。
そのストレスさえ除去出来れば、「なぜこんなことで悩んでたんだろう」と話してくれる方が沢山おられます。

あがり症の原因は?

あがり症になった原因は大きく分けて2つあります。
先天的に緊張しやすいという方と、もともとは人前でも平気だったのに、過去に大きな失敗をしてから、あがり症になったという2つです。

先天的な場合は、緊張しやすい遺伝子を持っている可能性が考えられます。
その遺伝子により、リラックスさせる脳内物質であるセロトニンの分泌量が少なく、緊張しやすい性格になるのです。(あがり症にもつながります)

もう一つの元は大丈夫だったのにあがり症になった方は、大きな失敗をしたことで、その時感じた緊張感が脳内に刷り込まれたのが原因と考えられます。

普段は大丈夫なのに、失敗した時と似た状況になると、刷り込まれた記憶が蘇り、緊張信号が脳に発生させるというわけです。

原因は違うかもしれませんが、どちらも脳が関係していると当院では考えています。では、どうすれば緊張しない脳に調整することが出来るでしょうか?

一般的なあがり症改善法

一般的なあがり症改善策として、「場数を踏む」というのがあります。場数を踏むことにより慣れさせるわけですね。
話し方教室などはこの方法で、あがり症を改善させています。

この方法はシンプルですが、有効だと思います。
何度も行うことで、脳が段々とその刺激に慣れてくるのも事実です。

ですが、慣れるまでにかなりの精神的苦痛を伴い、途中で挫折しやすいデメリットもあります。事実、話し方教室に通っていたものの、思うような結果が出ずに当院に来院した方が沢山おられます。

別のやり方として、"自分は緊張しない"という暗示をかけてあがり症を改善させる方法もあります。これは催眠術や心理療法でも使われる手法です。

これも人によっては効果的です。
一度で大きな変化が出る方も居られます。

デメリットは、行う術者の技能によって大きく効果が異なるところです。誰にでも効果が出るとは言い切れません。

また、警戒感を抜くことのできない方は、それを抜くことから始まりますので、残念ながら時間がかなりかかる可能性が大きいです。

SAD・あがり症になるメカニズム

それなら、当院の改善法はどんなものでしょうか?
当院の施術法も脳に対してアプローチし、緊張しない脳環境にする方法を取ります。

ここで、あがり症と関係する脳の仕組みについて簡単に説明します。脳は大きく分けて、2重構造になっています。

内側に大脳辺縁系があります。
ここでは、感情や意欲そして記憶や自律神経活動に関与しています。原始的な感情に関係しているところから、動物脳とも呼ばれています。

そして外側には大脳新皮質が存在します。
理性、思考能力、言語機能をつかさどります。
いわゆる下等生物では小さく、高等生物は大きい傾向があるので、人間脳と呼ばれています。

あがり症を脳の機能で説明すると、人前に出ると動物脳に属する不安や恐怖を感じさせる機能が暴走する状態になります。

その結果、感情が制御不可能になってしまい、頭が真っ白になったり動悸が激しくなり声や手足が震えてしまうわけです。

あがり症でない場合、動物脳の不安や恐怖が発生しても、人間脳の理性や思考能力により暴走を抑えることが出来るのです。

当院の考え方として、人間脳で抑えることが出来ないくらい動物脳が暴走してしまうと、あがり症になってしまうと考えています。

このことから、動物脳が暴走しなくなる方法を試行錯誤して編み出しました。
それだけでなく、動物脳がもし暴走した時のブレーキとして人間脳がより強力に機能するようにもしています。

具体的に説明しますね。
まず、動物脳に属する不安を出すという「偏桃体」の暴走を抑える必要があります。

過度に偏桃体が暴走する原因は、人によって違います。
先天的なことかもしれないし、過去のトラウマかもしれません。

いずれにせよ、脳が誤作動を起こしている為と考えられます。
そこで、脳の誤作動を改善させるために、体と脳の両面からアプローチを行います。

大阪城東メンタルヘルスで行う改善方法

まず体の緊張を緩和するところから始めます。
"脳の緊張なのに、なぜ体が関係あるの?"と思うかもしれませんね。

思い出してほしいのですが、これまであなたが大勢の前で話をした時、体の状態はどうなっていましたか?

おそらく、ほとんどの方が緊張して、体も筋肉もバキバキに硬くなっていたはずです。脳が緊張すると、体にも影響して筋肉を固くさせてしまうのです。

逆に、筋肉が柔らかくなると、脳にもリラックス感を与えてくれます。そこで、脳の緊張だけでなく、体の緊張も取り除く必要があると当院では考えて、体のアプローチも行うようになったのです。

それなら、マッサージのようなもので良いのかと思うかもしれませんが、脳の緊張に関係する場所はいくつかに決まっています。

その場所を集中して緩和させなければ、効果は充分発揮しないと、これまでの臨床例から分かりました。

体を柔らかくする目的によって、アプローチする場所も違ってくるというわけです。体の次は、脳に対する施術です。

当院では、「脳のクリーニング」と呼ばれる手法を行います。
その手法はツボ、呼吸法、心理療法、エネルギー療法を組み合わせた方法で、これまでの豊富な経験とセミナーで得た沢山の学びで編み出した手法です。

これを行うことで、動物脳の暴走を抑えるだけでなく、過去のトラウマによる悪影響も緩和することが出来るのです。

といっても、トラウマの原因である出来事を記憶喪失のように忘れたりはしません。忘れはしないが、その出来事を思い出すと出てくる、嫌な感情が薄れていくのです。

何度も行えば、その嫌な記憶はどうでも良い記憶になり、知らぬ間に忘れてしまう方が殆どです。このように、体と脳の両面からアプローチすることで、動物脳の暴走は治まります。

あがり症だった方が、人前に出ても"何とかなる"という気持ちになり、自然と解消されていきます。

場数を踏んで慣れるまで頑張り続けるのも一つの方法ですが、当院の手法は心身にやさしい改善法だと自負しています。


以下は当院の患者さんの感想文の抜粋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
30代女性 会社員
少し前から体調の不良で通わせていただいています。
上西先生に過敏な状態を解し調整して頂く中で、私にとってもう一つの悩みだった「あがり」を改善していくことに繋がっていきました。
仕事で人前で話す機会が度々あり、いつも声が震えてしまい、思うように話すことが出来ず、何とかしなければとスピーチ講座に毎月通う中で、少しマシになっても人前で堂々と話すまでには至ってませんでした。
中略
こちらに通って少しずつ人前で落ちついて話せるようになり、特にここ3か月は安定しています。そんな中、私に管理職が集まる場で30分程度プレゼンしてほしいと社長より直々に話がありました。今までであればパニック状態でしたが、どうやったら相手に伝わるかという視点に集中して当日は、落ち着いて周りの様子を見ながら話をすることが出来、更に話す楽しさを感じる余裕までありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
30代男性 管理職
管理職として働いているが、社内での行事ごと(朝礼・プレゼン・スピーチ)をする機会が年々多くなり、緊張して、汗が出てくる、首がしびれるといった症状がありました。過去に大事なスピーチでいきなり汗が噴き出すトラウマがありました。
中略
お陰様でその後のスピーチは成功し、多くの方に「名スピーチ!間が上手かった!」と言われるくらい、お褒めの言葉を頂きました。今でも日を追うごとに、そのような場面でも緊張せず、ゆとりをもって話せていくのを実感しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?
悩んでも解決しません!
重くなる前に、心当たりのある方は、治療機関で相談してくださいね!
勿論当院でも大歓迎ですよ!


≫モニター募集について
当院では只今、あがり症/赤面症の克服モニターさんを募集しております。
☆モニター特典:
3ヶ月間、半額で施術を受けることが出来ます。
☆モニターさんのお仕事:
毎回、ブログ記事を書いていただきたいと思います。
※個人情報は出ませんし、顔出しもございませんので、どうぞご安心下さい。
◇お電話でのお問い合わせ
 平日 10時~21時、
 日曜祝日 10時~17時 ※土曜休み

0120-545-620 (大阪府内)

06-6969-5620 (大阪府外)

 

症状別解説に戻る

自力で自律神経の乱れ・うつ病・パニック障害を安定させる無料講座の購読申し込みはこちら
自力で自律神経の乱れ・うつ病・パニック障害を安定させる無料講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

予約・お問合せは、下記の番号電話でどうぞ

06-6969-5620

受付時間
日祝
9~17時10~21時10~21時10~21時10~21時10~21時定休日

メールでのお問い合わせはこちら(24時間いつでも)

大阪城東メンタルヘルス気功整体院

〒536-0021
大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104

当院は大阪市営地下鉄中央線、深江橋駅から徒歩5分です。(地図はこちら

院長プロフィール

大阪市出身の上西誠です!
1963年生まれで、妻・子供(男)各1人の3人家族!

私が責任もって施術しますよ!
詳しいプロフィールは以下を読んでくださいね!
自力で自律神経の乱れ・うつ病・パニック障害を安定させる無料講座の購読申し込みはこちら

自力で自律神経の乱れ・うつ病・パニック障害を安定させる無料講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

初めての方へ

初めて当院の施術を受ける方はこちらをどうぞ!

当院のご案内

当院についてのご説明です!

患者様のお声

患者さんのご感想を掲載しています

自律神経の乱れ無料チェック

あなたの体調不良の原因は自律神経の乱れが原因かもしれません。乱れの有無を無料でチェックします!

まずはこちらから!

自律神経の乱れ無料チェック

気功について

気功って不思議なもの、怪しいものだと考えてませんか?

気功を知りたい方はどうぞ!

自律神経について

自律神経について詳しく説明しています!

Ο脚改善法

自分で出来る、O脚改善法を紹介していますよ!

リンク集

当院のリンク集です!