『はり はなぜ効くの?』
はり・きゅうはツボに刺激を与えることにより全身を健康な状態にもどします。

ツボは361あると言われていて、これらを結んだ線を経絡(けいらく)と言い、経絡は全部で14本あります。
経絡がスム−ズに流れていれば健康であり、
どこか具合の悪い場所があると、その流れが
滞っていると考えられます。




はり・のメカニズム

1.痛みを取り除く


脳内物質のエンドルフィンが分泌されて痛みが
軽減します。

2.身体バランスの調整


自律神経に作用して高まりすぎた機能を調整し、
働きの弱いものは高めます。


3.血流改善作用


交感神経の緊張をゆるめたり、軸索反射により
血管が広がります。






スポ−ツ鍼灸
肩関節痛に対する鍼治療

1.スポ−ツ選手の肩関節痛
  柔道、アメフトなどのコンタクトスポ−ツでは転倒や衝突による打撲や肩関節、肩鎖関節の脱臼、亜脱臼などの急性外傷や外傷をきっかけとした慢性障害が多い。また、野球、体操、水泳などのノンコンタクトスポ−ツでは上肢を90度外転位以上で内外旋を繰り返すことにより発症するimpingement syndromeが多い。 肩関節の過外旋、過屈曲を必要とする競技では、慢性化した肩の障害でも手術の適応となるのは希で、保存療法で治療を行う。手術後の僅かな可動域の制限が、ボ−ルのコントロ−ル等に影響を与え、術前の状態に完全に復帰するのが困難だからである。


2.外傷
  肩関節の外傷の一つに脱臼、亜脱臼がある。肩関節の脱臼は烏口下脱臼が多く、転倒や外転外旋の強制によって起こる。亜脱臼は投球動作やスパイク動作等自ら外転外旋位をとり発症する事が多い。スポ−ツ選手には3回以上、脱臼、亜脱臼を繰り返す反復性脱臼、亜脱臼の発症が多い。初回脱臼の整復と3週間以上の固定、固定後の肩関節周囲の筋力強化が最も重要である。しかし脱臼、亜脱臼とも関節唇や関節包、腱板、上腕二頭筋長頭腱等に慢性の腱板炎や不安定感を起こすためアスレチックリハビリテ−ションに抵抗を示し、競技スポ−ツへの復帰が遅れることがある。この時期の可動域改善と疼痛の軽減に鍼治療が有用である。


3.障害
impingement syndrome

  上肢を90度以上挙上し、外内旋を繰り返すことにより、肩峰や烏口肩峰靱帯に棘上筋腱や上腕二頭筋腱が衝突し発症する腱板炎や上腕二頭筋腱炎、滑液包炎のことである。脱臼や打撲後に生じることもある。野球、体操、競泳、バレ−ボ−ル、テニスなど肩を繰り返し使うスポ−ツ全般に見られる。またこのようなスポ−ツは肩の広い可動域を要するため肩の緩い選手が多く、肩の不安定性も一要因となる。over useにより発症するために慢性になりやすくコンディションを整える事がむずかしい。安静時痛があ、,ADLが障害されるほどの痛みは体操選手に多くみられた。つり輪や平行棒など体を支持した上に、肩の生理的限界をこえた柔軟性を要求され、同時に衝撃を伴つた肩関節の運動をするためであろう。また、つり輪が最も障害されるという選手が多かった。バレ−ボ−ルではスパイク、サ−ブ、テニスではサ−ブ、スマッシュのボ−ルインパクト時に疼痛がみられた。

野球肩

  投球によって生じた肩関節の疼痛性疾患の総称でimpingement syndrome、烏口突起炎、bennett lesionなどが含まれている。練習量の増加に伴うover useが主な原因であるが、ウォ−ミングアップ不足、守備やフォ−ムの変更などをきっかけとするエピソ−ドを持つ者も少なくなかった。ADL上障害が起こる事はなく、疼痛は投球時のみで全力投球できない、遠投できないという訴えが多かった。

swimmer`s shoulder

入水時の肩関節の屈曲、外転外旋位から伸展、内転、内旋動作のくり返しをするクロ−ル、背泳、バタフライの3泳法に肩関節痛が多いといわれているimpingement syndromeである。



4.鍼治療
  肩関節前面の痛みでimpingement syndromeの時は1Hzの棘上筋パルスを行う。患者を患側を上にした側臥位にし、肩上部、例えば乗風より刺入し上肢が筋収縮と共に外転するのを確認する。疼痛による可動域の制限がある場合は電流量に十分注意する必要がある。結節間溝部の痛みがとれない時は上腕二頭筋の1Hz筋パルスや30〜100Hzの結節間溝部のパルスを加える。肩関節後方の痛みで、障害されている筋の特定ができれば当該筋の1Hzの筋パルスをおこなう。また野球選手にみられる事が多いが、後方関節裂隙や後方四角腔部に限局した疼痛は同部に刺鍼し雀啄術が効果をみることがある。

鍼灸療法

柏市国保施設利用券指定施術所
鍼治療は基本的に自費扱いです。