相続手続き・遺産分割協議書・遺言書作成などの手続きを支援 大阪 
相続遺言手続サポート│大阪       電話 06−4256−7938
       京阪天満橋駅・大阪法務局 徒歩2分          



                                                 サイトマップ  個人情報保護方針
トップページ  お問い合わせ │ 遺言書作成  相続手続  報酬額表
事務所概要  プロフィール  相続メルマガ  執筆・掲載歴




サービス案内
お問い合わせ
報酬額表
遺言書作成サービス
相続手続サ-ビス
遺言
遺言のすすめ
遺言書の種類
自筆証書遺言
公正証書遺言
遺言書の検認とは?
遺言執行とは
遺贈と贈与の違い
遺留分とは?
相続
相続人は誰か?
相続放棄・限定承認
相続欠格・廃除
相続人が誰もいないとき
行方不明者・未成年者がいる
寄与分・特別受益とは?
遺産分割協議
成年後見
法定後見とは?
任意後見とは?
参考資料
死亡届
相続チェックシート
相続手続きのスケジュール
よくある質問
リンク
事務所のご案内
事務所概要
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護方針
マスコミ掲載
CAFE タイム
相続・遺言等のブログ
相続メルマガ
相続小冊子プレゼント


メルマガ登録フォ−ム

 「よく分かる相続と遺言」

購読は無料です。また購読取消しはいつでもできます。

 メ−ルアドレス
(必須)

(例:tamura@jin..ocn.ne.jp
  半角でお願いします。
   
まぐまぐまぐまぐから配信中!


お知らせ!
豊中市で、無料相談会を開催します。詳細はこちら
大阪暮らしの法務支援センター


主な対応地域
大阪府、大阪市(中央区、北区、西区、福島区、天王寺区、浪速区、阿倍野区、生野区、此花区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、鶴見区、西成区、東淀川区、西淀川区、淀川区、東住吉区、東成区、平野区、港区、都島区)、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、兵庫県、神戸市全域、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県




遺贈について

 遺贈とは、遺言により財産の全部または一部を無償で譲与するものです(民法964条)。
 もらう側(受遺者)の意思とは無関係にあげる方(=遺言者)の一方的な遺言により生じます。
 もちろん
遺贈は遺言者の単独行為ですので、この点で贈与契約とは異なります。要するにあげるほうの一方的な遺言で足りるのです。

 そして15歳以上に達すれば遺贈することができます。

●遺贈は、厳密には包括遺贈と特定遺贈の2種類があります。

 包括遺贈
 
  財産の全部または一定の割合を譲渡すること
  例:相続財産の全部とか、または半分とか3分の1という割合を包括的に遺贈

 特定遺贈
 
  特定の財産について譲渡すること
  例:どこそこの土地とか建物というように財産を特定して遺贈

 
遺贈の効力の発生日は、原則として遺言者の死亡の時です。

遺贈の承認・放棄

  包括遺贈と特定遺贈とでは異なります。次のとおりです。

  包括遺贈
 
  遺贈の承認・放棄は相続人の承認・放棄の規定が適用されます(民法915条)。
  要するに遺言者が死亡したこと、及び自分に対して遺贈があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に放棄の申述しないと、単純承認したものとみなされます(民921条2号)。

  特定遺贈

 
特定遺贈の受遺者は遺贈を承認することも放棄することも自由(民法986条)
  要するに包括遺贈のように期限は定められていません。 

  しかし、いつまでも承認または放棄をしないままだと法律関係が不安定なままとなる。
  そこで特定遺贈の遺贈義務者や利害関係人等は相当の期間を定めて承認するか放棄するかはっきりするよう催告することができます(民法987条)。

  受遺者がその期間内に回答がなければ承認したものとみなされます。


相続税の速算表(平成15年分以降)
課税価格 税額(%)
控除額
 1,000万円以下  10 ー     
3,000万円 〃 15 50万円     
5,000万円 〃 20 200万円     
   1億円 〃 30 700万円     
    3億円 〃  40 1,700万円     
  3億円超 50 4,700万円     

※平成15年の改正により、相続税の最高税率が70%から50%へ引き下げられています。


贈与について


  贈与とは、贈与者がその財産を無償で受贈者に与える契約です(民法549条)。要するに贈与は、契約の一種なのです。
  この贈与契約は双方の口約束でも成立します。

  しかし、もらうほうにとっては本当に約束を実行してくれるか心配なものです。
  「やっぱりあの話はなかったことにしてくれと・・」と気が変わることも考えられます。

  「書面によらない贈与」は、各当事者いつでも取消(=撤回の意味)できると規定されています(民法550条)。
  したがって、贈与契約があった場合は、できる限り書面に残して置くほうが望ましいといえます。

  もっとも「書面によらない贈与」であっても約束が履行された場合は取消はできません。

  履行の具体例:
  ・動産  →引渡しがあったとき
  ・不動産 →登記または引渡しがあったとき

  タダで人からもらうほど高いものはありません。
  個人から年間110万円を超える財産をもらったときには贈与税がか
  かることを念頭に入れておきましょう!


贈与税の速算表(平成15年分以降)
課税価格 税額(%) 控除額
200万円以下 10 ー     
300万円 〃 15 10万円     
400万円 〃 20 25万円     
600万円 〃 30 65万円     
1,000万円 〃   40    125万円     
1,000万円超    50 225万円     



 贈与税の計算例
 (課税価格−基礎控除額110万円)×税率−控除額=贈与税額

 ・200万円の贈与を受けた場合
   1)200万円ー110万円(基礎控除額)=90万円(課税価格)
   2)次に税率は、上記速算表では15%
      90万円×0.10(税率)=9万円(贈与税額)
 
 ・1,500万円の贈与を受けた場合
   1)1,500万円ー110万円(基礎控除額)=1,390万円(課税価格)
   2)1,390万円×0.50(税率)ー225万円(控除額)=470万円


 
贈与税の配偶者控除

 長年連れ添った夫婦間で、一定の条件を満たした場合に、贈与税の配偶者特別控除が受けられます。
  この控除を受けるためには、

 @夫婦の婚姻期間が贈与の時点で20年以上経っていること
 A贈与された財産が、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭
  であること
 B贈与を受けた年の翌年の3月15日までに居住し、以後も引き続き居住する見
  込みであること

 が必要です。

 ※贈与税の基礎控除額110万円のほかに最高2000までの配偶者控除が受けられます。


●相続時精算課税制度の利用

  この制度の適用対象者は、平成15年1月1日において65歳以上の親から、20歳以上の子である推定相続人において適用することができます。

  特別控除額(非課税枠) 2,500万円

  贈与税ではなく相続時精算課税を選択しようとする受贈者は、その選択をしようとする贈与を受けた年の翌年2月1日から3月1日までの間に、相続時精算課税制度を選択する旨の「届出書」を「贈与税の申告書」とともに提出しなければなりません。
 

相続手続等のご相談はこちら
 
当事務所では、相続に関する手続きのサポートを行っております。

相続手続きのサポートを専門家に依頼することを検討している、または相談してみたいとお考えの場合は、一度お気軽にご相談ください。当事務所では無料相談を承っています。

             お問合せ・ご相談の詳細はこちら! 
※当事務所の執筆掲載、書籍出版,、取材歴等。  ⇒ 著書・執筆歴等



トップページ  お問い合わせ │ 遺言書作成  相続手続  報酬額表
事務所概要  プロフィール  相続メルマガ  執筆・掲載歴




相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成や成年後見の相続遺言手続サポート
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   介護保険事業立ち上げガイド   入管ビザ申請手続サポート