相続手続き・遺産分割協議書・遺言書作成などの手続きを支援 大阪 
相続遺言手続サポート│大阪       電話 06−4256−7938
       京阪天満橋駅・大阪法務局 徒歩2分          


トップぺージメルマガのご案内1>第47号
                                                 サイトマップ  個人情報保護方針
トップページ  お問い合わせ │ 遺言書作成  相続手続  報酬額表
事務所概要  プロフィール  相続メルマガ  執筆・掲載歴




サービス案内
お問い合わせ
報酬額表
遺言書作成サービス
相続手続サ-ビス
遺言
遺言のすすめ
遺言書の種類
自筆証書遺言
公正証書遺言
遺言書の検認とは?
遺言執行とは
遺贈と贈与の違い
遺留分とは?
相続
相続人は誰か?
相続放棄・限定承認
相続欠格・廃除
相続人が誰もいないとき
行方不明者・未成年者がいる
寄与分・特別受益とは?
遺産分割協議
成年後見
法定後見とは?
任意後見とは?
参考資料
死亡届
相続チェックシート
相続手続きのスケジュール
よくある質問
リンク
事務所のご案内
事務所概要
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護方針
マスコミ掲載
CAFE タイム
相続・遺言等のブログ
相続メルマガ
相続小冊子プレゼント

メルマガ登録フォ−ム

 「よく分かる相続と遺言」

購読は無料です。また購読取消しはいつでもできます。

 メ−ルアドレス(必須)

(例:tamura@jin..ocn.ne.jp
  半角でお願いします。
   
まぐまぐまぐまぐから配信中!


主な対応地域
大阪府、大阪市(中央区、北区、西区、福島区、天王寺区、浪速区、阿倍野区、生野区、此花区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、鶴見区、西成区、東淀川区、西淀川区、淀川区、東住吉区、東成区、平野区、港区、都島区)、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、兵庫県、神戸市全域、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県



-------------------------------------------------2002年8月28日----------
よく分かる相続と遺言の豆知識  第47号 
----------------------------------------------------------------------

<本日のテーマ>
 預貯金の解約あるいは名義変更 その1

----------------------------------------------------------------------

こんにちは、行政書士の田村です。

このメルマガは毎週水曜日発行です。
昨日は、事情により発行が遅れてしまい、今日にさせていただきました。

当メルマガももうすぐ50号です。

昨年6月頃に発行してから途中休刊しましたが、かれこれ1年ちょっと。

もう少し頑張って発行していこうと思います。

できれば100号まで・・。100号に届かなかったらすみません。<(_ _)>

励ましメール、リクエストは下記までドシドシ送ってやってください
  ↓   ↓   ↓
  tamura-js@dol.hi-ho.ne.jp まで


----------------------------------------------------------------------
 預貯金の解約あるいは名義変更 その1
----------------------------------------------------------------------

相続による被相続人の名義変更は、各財産により様々なものがあります。

・不動産(土地・建物)
・預貯金
・株式
・電話加入権
・自動車
・個人事業

今日のテーマは、預貯金の名義変更です。

銀行は、預金者である被相続人が死亡したと知った場合は、預金の支払をストップします。

一部の相続人が勝手に処分したりして後日の相続人同士のトラブルなどに巻き込まれ金融機関が免責されないことを防止するために預貯金などの引き出しを凍結します。

事実相続人の方が勝手に処分して、トラブルになるケースはあります。

昨今テレビとかで破産関係、悪質商法などの特集が取り上げられていますが、相続遺言についてはサッパリ取り上げていませんね。

身内のごたごたであること、裁判の非公開の原則から表だって出てこないことが考えられます。

匿名で、励ましメールを送ってくださった方へ、来月調停が始まるそうですね。

不幸にして預金を引き出されてしまい親族で争うはめになったことは大変苦痛だと思います。

できる限り、当メルマガで有益な情報を提供させていただきます。

私の運営している相続・遺言専門サイトを紹介します。
   ↓    ↓    ↓
 http://www.kit.hi-ho.ne.jp/masamichi/

皆様が掲載して欲しいというカテゴリがございましたらこちらまでご一報くださ
い。
希望が多かったものを優先的に時間のある限り掲載させていただきます。

話がそれてしまいました。元に戻します。
 
●銀行が預貯金の支払を凍結してしまうとどうなるか?

相続人は単独では、勝手に引き出せなくなります。
金融機関が要求する厳格な手続を踏まえないと、払戻しや解約の手続に応じてくれません。

皆さんもご存知のように銀行では、身元確認に慎重になっています。

免許証の提示あるいはそれに代わる保険証の提示を求められる場合もあります。

本人以外のものが代理で行こうものなら、委任状の提示などもっと厳しくなるでしょう。

これが預金者が死亡したとなると、相続人が代理としていきなり解約してくれ、名義変更してくれと言われてもそのとおりにするわけにもいきません。

本当に相続人であるか、又は他の相続人の同意を得ているのかをきちんとたしかめないと銀行側の責任問題になるのです。

だからこそ、預貯金の解約あるいは、名義変更をするには、金融機関の要求する手続を踏まえなければなりません。

また相続人は金融機関から求められる必要な書類を用意しなければなりません。

〜金融機関に自分から進んで知らせる〜
被相続人が死亡したことを金融機関に知らせていない場合は、早急に知らせましょう。
後日のトラブル防止のためです。

●必要な書類とは何か?

この続きは次回にさせていただきます。
私が相続人の代理人として預貯金の解約手続をしたときの体験を交えて説明します。


----------------------------------------------------------------------
事務所からの宣伝
----------------------------------------------------------------------

相続の基礎知識や遺言書の予防法務としての役割の重要性をもっと身近に知ってもらいたいという趣旨で当事務所では、勉強会あるいはセミナーをしたいという方のリクエストを受け付けております。

依頼があれば、どこでも参ります。

物理的限界がございますので、5組まで優先的にお受けさせていただきます。
少人数からお受けしております。

この機会に町内会、グループ活動会、近所の方をお誘いのうえで勉強会あるいはセミナーをしてみてはいかがでしょうか?

詳しくは、下記メール又は電話までお問合せください。
  ↓   ↓   ↓
 メール: tamura-js@dol.hi-ho.ne.jp
 電話:  06-4865-2732

他の方にもこの情報をどしどしお知らせください。


----------------------------------------------------------------------
   田村行政書士事務所
   大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
   E-mail:tamura-js@dol.hi-ho.ne.jp
   Http://www.kit.hi-ho.ne.jp/masamichi/

----------------------------------------------------------------------
  このメールマガジンは「まぐまぐ」http://www.mag2.com/を利用して発行してお
 ります。
  解除はhttp://www.mag2.com/m/0000092589.htmからできます。

----------------------------------------------------------------------



             お問合せ・ご相談の詳細はこちら! 
      ※当事務所の執筆掲載、書籍出版,、取材歴等。  ⇒ 著書・執筆歴等


トップページ  お問い合わせ │ 遺言書作成  相続手続  報酬額表
事務所概要  プロフィール  相続メルマガ  執筆・掲載歴




相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成や成年後見の相続遺言手続サポート
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   介護保険事業立ち上げガイド   入管ビザ申請手続サポート