相続手続き・遺産分割協議書・遺言書作成などの手続きを支援 大阪 
相続遺言手続サポート│大阪       電話 06−4256−7938
       京阪天満橋駅・大阪法務局 徒歩2分          


トップぺージメルマガのご案内1>第48号
                                                 サイトマップ  個人情報保護方針
トップページ  お問い合わせ │ 遺言書作成  相続手続  報酬額表
事務所概要  プロフィール  相続メルマガ  執筆・掲載歴




サービス案内
お問い合わせ
報酬額表
遺言書作成サービス
相続手続サ-ビス
遺言
遺言のすすめ
遺言書の種類
自筆証書遺言
公正証書遺言
遺言書の検認とは?
遺言執行とは
遺贈と贈与の違い
遺留分とは?
相続
相続人は誰か?
相続放棄・限定承認
相続欠格・廃除
相続人が誰もいないとき
行方不明者・未成年者がいる
寄与分・特別受益とは?
遺産分割協議
成年後見
法定後見とは?
任意後見とは?
参考資料
死亡届
相続チェックシート
相続手続きのスケジュール
よくある質問
リンク
事務所のご案内
事務所概要
プロフィール
お問い合わせ
個人情報保護方針
マスコミ掲載
CAFE タイム
相続・遺言等のブログ
相続メルマガ
相続小冊子プレゼント

メルマガ登録フォ−ム

 「よく分かる相続と遺言」

購読は無料です。また購読取消しはいつでもできます。

 メ−ルアドレス(必須)

(例:tamura@jin..ocn.ne.jp
  半角でお願いします。
   
まぐまぐまぐまぐから配信中!


主な対応地域
大阪府、大阪市(中央区、北区、西区、福島区、天王寺区、浪速区、阿倍野区、生野区、此花区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、鶴見区、西成区、東淀川区、西淀川区、淀川区、東住吉区、東成区、平野区、港区、都島区)、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、兵庫県、神戸市全域、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県



-------------------------------------------------2003年9月3日-----------
よく分かる相続と遺言の豆知識  第48号 
----------------------------------------------------------------------

<本日のテーマ>
 預貯金の解約あるいは名義変更 その2

----------------------------------------------------------------------

こんにちは、行政書士の田村です。

みなさんお気づきでしょうか?
えっ、何を?
上ですよ。一番上のタイトルのところです!

お分かりになりましたでしょうか?
タイトルを若干変更しました。
できるだけ多く継続して発行していくため新たに気分を一新させるためと誰でも分かりやすいような内容にするとの意味をこめて勝手ながらタイトルを変更させていただきました。

今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします

  http://www.tamuraoffice.com/


----------------------------------------------------------------------
 預貯金の解約あるいは名義変更 その2
----------------------------------------------------------------------

銀行が預貯金の凍結をしたら、簡単に引き出しはできなくなる。

勝手に引き出しされないための予防として、被相続人が死亡したことを金融機関に知らせる。

これが前号の内容でしたね。

今日は、金融機関の凍結後に相続人が預貯金の解約あるいは名義変更をする場合に「必要書類は何か」です。

これは、金融機関によっては、若干違いはありますが、以下の書類が必要です。

●遺産分割協議前

遺言書もなく、遺産分割協議を行われていない場合は、民法の定める法定相続分どおり分けることとなります。
 
・相続関係書類
 →被相続人の戸籍・除籍の謄本類、相続人全員の戸籍謄本、住民票
・相続人全員の印鑑証明書
・相続人全員の払戻依頼書(相続人全員の署名捺印が必要)
・預金通帳、預金証書、被相続人の届出印

●遺産分割協議後
遺産分割協議をした場合、法定相続分を変更することになりますので、適法な遺産分割協議が行われたことを明らかにするため遺産分割胸痞の添付が必要になります。

・遺産分割協議書 
・相続関係書類
 →被相続人の戸籍・除籍の謄本類、相続人全員の戸籍謄本、住民票
・相続人全員の印鑑証明書
・相続人全員の払戻証明書
・預金通帳又は預金証書、被相続人の届出印

実際に解約又は名義変更手続をされる場合は、金融機関に確認してください。

相続人の代理人として、金融機関の解約、名義変更手続をするときは、戸籍謄本等の資料を基に作成した家系図を提出することにしています。

これは、必ず提出するものではありません。

では、何故家系図を出すのか?

簡単に言えば、金融機関の事務処理手続をスムーズにさせるためです。

金融機関側では、相続人の範囲を確定する時には、提出された戸籍謄本等で調査しますが、これが結構時間が掛かるようです。

家系図があればそれを手元に置いて、提出された戸籍謄本等を金融機関側で過去に遡ってチェックできますので負担が軽くなるからです。

その家系図はもちろん相続人に、作成者である私の名前を入れてサービスとして差し上げています。

それでもやはり金融機関側で手間取る場合がありますね。

特に第三順位の兄弟姉妹が相続人とであるならば、資料がたくさん必要になることもありその分内容が複雑になってきますので、調査に随分時間がかかるようです。

あまり遅いので、しびれを切らして電話で問合せたこともあります。

私「何時になれば預金を引き出せますか?」

銀行「うーん、もうすこしお時間をいただけますか。」

私「何か問題でもあるのですか?」

銀行「先生に出して頂いた戸籍類に不足しているように思われるのですが・・。」
   「家系図ではこうなっていますので、これこれ・・出してもらわなければ・・。」

私「あーそれですね。それは出す必要はありませんよ」
  「家系図よく見てください。これこれの事情でそこまでいりませんし、また全ての戸籍はちゃんとつなが
  っていますよ。それ以上の戸籍は役所でもないので取寄できません」

銀行「分かりました。担当のものに照会します。あと一週間待って下さい」

私「・・。(心の中で)まだ時間がかかるんかいな。」 「分かりました。早くしてくださいね」

ちょっとぼかすような会話分ですが、私が出した家系図を元に先方と話しをしました。

相続というのは、戸籍謄本等の客観的資料を取寄せて調査するのですが、中には、養子縁組や協議離縁、離婚、かなり古い年代の戸籍がないといった複雑な問題が絡み合ってきます。

それに応じて難しくなってきますので金融機関の調査も時間が掛かることもあります。

余談ですが、家系図を出していなかったら、双方戸籍謄本等をぺらぺらめくりあいながらとなりますのでスムーズに会話をすることは難しいかと思います。

何にしても戸籍謄本等はきっちり揃えて提出することが必要です。これが用意されていないとかえって時間が掛かります。

さらに遺産分割協議をする場合は、遺産分割協議書を要求されますので、きちんとした間違いのない(無効ではない)書類を作成することが必要です。

この遺産分割協議書は、銀行に提出するだけではありません。

相続税の申告をするときや不動産の名義変更の際にもに必要になってきますのできちんとしたものを作成することです。

不安でしたら、専門家の力をかりることもいい方法です。

専門家の報酬額は、事務所によりまちまちです。

参考までに当事務所の報酬額をサイト上でUPしております。
ご参考にどうぞ!
  ↓    ↓    ↓
http://www.tamuraoffice.com/ からお入りください。

最後までお読みいただきまして有難うございます。

----------------------------------------------------------------------
   田村行政書士事務所
   大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
   E-mail:tamura-js@dol.hi-ho.ne.jp
   Http://www.kit.hi-ho.ne.jp/masamichi/

----------------------------------------------------------------------
  このメールマガジンは「まぐまぐ」http://www.mag2.com/を利用して発行してお ります。
  解除はhttp://www.mag2.com/m/0000092589.htmからできます。

----------------------------------------------------------------------



             お問合せ・ご相談の詳細はこちら! 
      ※当事務所の執筆掲載、書籍出版,、取材歴等。  ⇒ 著書・執筆歴等


トップページ  お問い合わせ │ 遺言書作成  相続手続  報酬額表
事務所概要  プロフィール  相続メルマガ  執筆・掲載歴




相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成や成年後見の相続遺言手続サポート
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   介護保険事業立ち上げガイド   入管ビザ申請手続サポート