相続手続き・遺産分割協議書・遺言書作成やや高齢者の財産管理支援  大阪 
相続遺言手続サポート│大阪       電話 06−4256−7938
      京阪天満橋駅・大阪法務局 徒歩2分       


                                                 サイトマップ  事務所案内


遺言書作成  
  相続手続    自動車の相続手続    手続サポート料金    お問い合わせ


 トップページ > 相続放棄・限定承認

相続等の手続サポートのご案内
 遺言書作成サポート
 相続手続完全サポート
 自動車の相続手続サポート
 手続のご依頼費用(報酬額表)
 よくある質問
遺言書を残したいときは
 遺言のすすめ
 遺言書の種類
 自筆証書遺言
 公正証書遺言
 遺言書の検認とは?
 遺言執行とは
 遺贈と贈与の違い
 遺留分とは?
相続手続前に知っておくこと
 相続人は誰か?
 相続放棄・限定承認
 相続欠格・廃除
 相続人が誰もいないとき
 行方不明者・未成年者がいる
 寄与分・特別受益とは?
 遺産分割協議は必要か?
成年後見を利用する
 法定後見とは?
 任意後見とは?
相続関連の参考資料
 死亡届
 相続チェックシート
 相続手続きのスケジュール
 相続・遺言等のブログ
 相続めるまが購読
 相続小冊子プレゼント
事務所情報
 事務所のご案内
 プロフィール 
 お問い合わせ
 執筆等の紹介歴
 リンク


メルマガ登録フォ−ム

 「よく分かる相続と遺言」

購読は無料です。また購読取消しはいつでもできます。

 メ−ルアドレス(必須)

(例:tamura@jin..ocn.ne.jp
  半角でお願いします。
   
まぐまぐまぐまぐから配信中!




主な対応地域
大阪府、大阪市(中央区、北区、西区、福島区、天王寺区、浪速区、阿倍野区、生野区、此花区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、鶴見区、西成区、東淀川区、西淀川区、淀川区、東住吉区、東成区、平野区、港区、都島区)、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、兵庫県、神戸市全域、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県

親の借金を相続したくない!(相続放棄)

 遺産は必ずしもプラスの財産だけではなく、マイナスの財産も含む場合があります。
  相続の場合プラスの財産だけを引き継ぐわけにはいきません。マイナスの財産も引 き継がなければならないのです。
  親の残した遺産(預貯金や不動産などのローン)を処分しても借金を返済できない場合などにより、借金を引き継ぎたくなければ、相続せずに済む手続き(
相続放棄)をすることがきます。  

  もっともこの相続放棄の手続きのための期間がありますので、その期間内にしない
と借金を引き継ぐことになってしまいます。
  ただ、場合によっては、借金がどれだけあるか正確にはわからないこともあります。
  こ のような場合は、「限定承認」の手続きの方が得策な場合もあるので、選択には、
慎重 に!

 ※相続放棄による効果:初めから相続人でなかったものとみなされる。
 

 相続放棄の手続
  提出先:   被相続人の最後の住所地の家庭裁判所
          ※家庭裁判所に相続放棄申述書の用紙があります。
  提出者:   相続放棄をする人
  期    限: 原則として被相続人が死亡したことを知ってから
3ヵ月以内 
           ※期間が短いので、早めに!
  費   用: 収入印紙800円と郵便切手(申述先の家庭裁判所でご確認ください)
  必要書類: 1)相続放棄申述書  1通
         2)被相続人の戸籍謄本・除籍謄本、住民票の除票 
           → 各1通
         3)放棄する方の戸籍謄本と認印 → 各1通
         ※事案によっては、他の書類も必要になります。   


 ●何もしないで3ヶ月期間を過ぎてしまうとどうなるのか?

  この場合は、自動的に単純承認したことになり、借金も引き継ぐことになる。 また、遺産の一部又は全部を処分したりすると、単純承認とみなされますのでご注意!


 ●遺産分割協議で自分は相続しないとした場合は相続放棄?

  このような放棄は事実上の放棄であって、家庭裁判所に対する相続放棄の申述
という手続をとらない限り、被相続人の債権者などに相続放棄をする旨通知などした
ところで相続放棄の効力が生じません。
 借金を避けるために、家庭裁判所に対する相続放棄の申述書を提出しておきまし
ょう。

親の借金が正確に分からないときは?(限定承認)

  親の遺産に借金があることは分かっているが、どれだけの借金か正確によく分からない。借金を差し引いても、プラスの遺産があった場合も考えると、相続放棄は得策ではないこともある。

  このような場合は、「限定承認」の手続きを取る方がよい場合があります。


 ● 限定承認

  プラスの遺産の枠内で、借金を返済できる。借金を返済しても財産が残れば相続できる。相続放棄は、初めから相続人にならなかったものとみなされるので、財産が残っても相続できないという点で相違点があります。
  
  ポイント 限定承認 ─ 条件付きで遺産を相続
        相続放棄 ─ 完全に遺産を放棄

  限定承認の手続き
  提出先:   被相続人の死亡した住所地の家庭裁判所
          ※家庭裁判所に限定承認申述の用紙が置いてある
  提出者:   
相続人全員。ただし相続放棄をしたものがいるときは、
         そのものを除く。 
  提出期限: 原則として被相続人が死亡したことを知ってから3ヶ月以内
         
※期間が短いので、承認を選択するなら早めに!
  添付書類: 1)相続の限定承認の申述書   1通
         2)被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄
          本等
         3)申述人の戸籍謄本        各1通
         4)財産目録              1通 
         

 ●何もしないで3ヶ月期間を過ぎてしまうとどうなるのか?

  この場合は、相続放棄で説明したように自動的に単純承認したことになり、借金も引き継ぐことになる。
 また、遺産の一部又は全部を処分したりすると、単純承認とみなされます。



相続手続きなどのご相談はこちら

    当事務所では、戸籍謄本の取り寄せから遺産分割協議書作成や各種名義変更等の
  相続手続きサポートを行っております。

    相続手続きのサポートを専門家に依頼することを検討している、または相談してみたいと
   お考えの場合は、一度お気軽にご相談ください。



             お問合せ・ご相談の詳細はこちら! 
      ※当事務所の執筆掲載、書籍出版,、取材歴等。  ⇒ 著書・執筆歴等





遺言書作成    相続手続    自動車の相続手続    手続サポート料金    お問い合わせ

事務所概要    プロフィール    相続めるまが購読    執筆・掲載歴



田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938 (受付:平日9時から19時)
                  〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
                                   
                         Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.




相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成や成年後見の相続遺言手続サポート
〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938    
Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.


■姉妹サイト   田村行政書士事務所   介護保険事業立ち上げガイド   入管ビザ申請手続サポート