相続手続き・遺産分割協議書・遺言書作成やや高齢者の財産管理支援  大阪 
相続遺言手続サポート│大阪       電話 06−4256−7938
      京阪天満橋駅・大阪法務局 徒歩2分       


                                                 サイトマップ  事務所案内


遺言書作成  
  相続手続    自動車の相続手続    手続サポート料金    お問い合わせ


 トップページ > 寄与分・特別受益とは?

相続等の手続サポートのご案内
 遺言書作成サポート
 相続手続完全サポート
 自動車の相続手続サポート
 手続のご依頼費用(報酬額表)
 よくある質問
遺言書を残したいときは
 遺言のすすめ
 遺言書の種類
 自筆証書遺言
 公正証書遺言
 遺言書の検認とは?
 遺言執行とは
 遺贈と贈与の違い
 遺留分とは?
相続手続前に知っておくこと
 相続人は誰か?
 相続放棄・限定承認
 相続欠格・廃除
 相続人が誰もいないとき
 行方不明者・未成年者がいる
 寄与分・特別受益とは?
 遺産分割協議は必要か?
成年後見を利用する
 法定後見とは?
 任意後見とは?
相続関連の参考資料
 死亡届
 相続チェックシート
 相続手続きのスケジュール
 相続・遺言等のブログ
 相続めるまが購読
 相続小冊子プレゼント
事務所情報
 事務所のご案内
 プロフィール 
 お問い合わせ
 執筆等の紹介歴
 リンク


メルマガ登録フォ−ム

 「よく分かる相続と遺言」

購読は無料です。また購読取消しはいつでもできます。

 メ−ルアドレス
(必須)

(例:tamura@jin..ocn.ne.jp
  半角でお願いします。
   
まぐまぐまぐまぐから配信中!




主な対応地域
大阪府、大阪市(中央区、北区、西区、福島区、天王寺区、浪速区、阿倍野区、生野区、此花区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、鶴見区、西成区、東淀川区、西淀川区、淀川区、東住吉区、東成区、平野区、港区、都島区)、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、茨木市、高槻市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、池田市、堺市、泉大津市、高石市、大東市、四条畷市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、兵庫県、神戸市全域、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、西宮市、京都府、京都市、奈良県

寄与分


  1.意義


   寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加について特別の寄与・貢献をした者がいる
   場合、その者の本来の相続分に一定の加算をする制度です(904条の2第1項)。

    被相続人の財産の維持や増加について寄与・貢献をした者を、何の貢献もしてない他
   の相続人と同様に扱い、あくまでも法定相続分どおりに分配するというのでは、不公平と
   なります。

    そこで法は、相続人間の公平を図るため、特別に寄与分を認めたのです。


   2.寄与分が認められる行為とその権利者の範囲

     寄与分が認められる行為は以下の場合です


     ・被相続人の事業に対する労務の提供
      ・被相続人の事業に対する財産上の給付
      ・被相続人の療養看護
      ・その他の方法

    ※その他の方法とは、前述の労務の提供、財産上の給付、療養看護に匹敵するよう
      な方法であることが必要です。
 
     
 もっとも、寄与分権利者となれる者は、相続人に限定されています。

      つまり、共同相続人でない者(内縁の妻、被相続人の子と死別した配偶者など)は、
      被相続人の財産の維持・増加に貢献したとしても寄与分は認められないのです。

   3.寄与分の計算

     具体的な寄与分の額について、相続人全員が話し合いでどの程度の寄与があったか
    協議し額を決めます。

     寄与分はどのように決めても構いませんが、遺贈の価額を控除した額を超えることは
    できないことなっています(904条の2第3項)。

     寄与分の額が決まると、被相続人が相続開始の時点で有した財産から寄与分の額を
    控除し、これを相続財産とみなします。
相続財産 − 寄与分 = 残った財産(みなし相続財産)
    もし、寄与分についての話し合いがつかないときは、家庭裁判所に寄与分を定める調
    停を申立て、それでもまとまらない場合は、審判の申立てに進みます。


特別受益

  1.意義


    特別受益とは、相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合は、他の相続人との公平を
   期すために本来の相続分から受益分を差し引く制度です(903条1項)。

  2.特別受益の対象

    遺贈については、すべて特別受益の対象になりますが、生前贈与については、何が特別
   受益なのかその対象に限定があります。

    ・婚姻のための贈与
     例:持参金、嫁入り道具、結納金、新婚旅行などの費用など
    ・養子縁組の贈与
     例:持参金、新居など
    ・生計の資本
     例:子が世帯を持つときに土地や財産などの援助を受けた、
        営業資金を出してもらったなど

  3.特別受益の計算

    生前贈与があった場合の具体例を挙げてみます。

    相続人が、母、長男、次男、長女で、被相続人である父が残した財産の総額が9,000万円
   とします。

    そして長男が営業資金として1,000万円の贈与を受け、姉が結婚の際の支度金とし800万円を
   もらっているとします。

    特別受益を考慮せず法定相続分で計算すると、

     母 9,000万円 × 1/2 = 4,500万円

     長男、次男、長女の各人の相続分
        9,000万円 × 1/2 × 1/3 = 1,500万円(それぞれの相続分)

     となりますが、これでは何ももらっていない次男は不公平です。

     そこで、特別受益を考慮してみると、

     遺産総額9,000万円に長男の営業資金1,000万円と結婚支度金800万円を加えると、みなし
    相続財産は、1億800万円になります。

     これを遺産分割の際の基礎とします。このような処理を行うことを「特別受益の持ち戻し」
    ともいいます。

     母 1億800万円 × 1/2 = 5,400万円

     長男、次男、長女の各人の一応の相続分
        1億800万円 × 1/2 × 1/3 = 1,800万円
           ↓
     長男、長女は生前に父から贈与してもらっていますので、特別受益を控除します。
 
     長男 1,800万円 − 1,000万円 = 800万円
     長女 1,800万円 − 800万円 = 1,000万円
           ↓
     以上特別受益を考慮した相続人の具体的相続分は、

     母   5,400万円
     長男  800万円
     次男 1,800万円
     長女 1,000万円

    となります。

     上記のように長男や長女の特別受益額が相続分の範囲内に収まっている場合ばかり
    ではなく、相続分を超えている場合もあります。
 
     しかし、そのような場合でもその超過分を返還する必要はありません。

     相続分が0となるだけです(903条2項)。

     もっとも、被相続人が生前贈与や遺贈をする際に特別受益を相続財産に戻さなくても
    よい旨の意思表示をしておけば、相続分を減らされません
     (持戻免除の意思表示)
(903条3項)。

     ただし、他の相続人の遺留分を害さない範囲内という制限があります。

     また、遺産分割協議の際に相続人の間で生前贈与や遺贈をそのまま認めるような協
    議をすれば、持ち戻し免除の意思表示がなされた場合と同様です。

     この場合は、遺留分の制限などは関係なくなります。


相続手続きなどのご相談はこちら


    当事務所では、戸籍謄本の取り寄せから遺産分割協議書作成や各種名義変更等の
  相続手続きサポートを行っております。

    相続手続きのサポートを専門家に依頼することを検討している、または相談してみたいと
   お考えの場合は、一度お気軽にご相談ください。

             お問合せ・ご相談の詳細はこちら! 
※当事務所の執筆掲載、書籍出版,、取材歴等。  ⇒ 著書・執筆歴等




遺言書作成    相続手続    自動車の相続手続    手続サポート料金    お問い合わせ

事務所概要    プロフィール    相続めるまが購読    執筆・掲載歴



田村行政書士事務所    TEL 06-4256-7938 (受付:平日9時から19時)
                  〒540-0035  大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階 
                                   
                         Copyright©2002,田村行政書士事務所 all Right Reserved.