衣笠城跡

拡大 衣笠(きぬがさ)城跡。

築城

康平5年(1062年)村岡為通が築いた。前九年の役で戦功を挙げた為通は、三浦郡を賜って三浦氏を名乗ったという。

村岡為通

為通は、平良文の曾孫。良文−忠頼−忠通−為通である。 その後三浦氏は、為継−義次−義明−義澄−義村−泰村と続く。

為継

為次は、八幡太郎義家に従い後三年の役に参加。 鎌倉権五郎景政目にあたった矢を抜いた

義次

義次は、三浦庄の荘司となった。
北に進出をもくろむ。源義朝を取り込み、目代や中村宗平らと 大庭御厨に押し入っている。鎌倉党と対立関係にあった。
三方を海に囲まれた三浦氏は、三浦半島を手中の治め、陸続きである鎌倉に勢力を伸ばさざるを得なかった。 当時の鎌倉を支配していた鎌倉権五郎景政は、この事を事前に予想し、 鎌倉の西の大庭を開拓し、大庭御厨を伊勢神宮に寄進し領地の保全に勤めた。 しかしこのことは鎌倉の西に勢力を持つ中村氏との対立を深めることになった。 三浦氏は中村氏と姻戚関係を結び中村氏の一族である土屋氏の城の近くに、三浦氏の一族である岡崎氏、眞田氏を置いて、 源氏の源義朝を使って大庭御厨に乱入、東西から大庭御厨を挟み撃ちにしようと、 乱入を繰り返した。天養2年(1145)左弁官が伊勢大神宮司宛に発した下文に、「三浦庄司平義次同義明を罪人源義朝の 手先として告発する」とある。 景政の城である広川城は、土屋城岡崎城眞田城のすぐ近くにある。 広川城を景政の城であることを疑問視する向きもあるが、この城は、景政がこれらの城に対抗するために築いた極めて重要な城と思われる。 ところが、義朝が平治の乱で滅亡し、平清盛が天下を治め、 武家政権を確立すると、大庭氏は平氏に属しこれに対抗し、相模国を治める平氏の中心的な人物となる。 そこに、源頼朝が平氏打倒の旗揚げした。大庭氏と対立する中村氏は、次男の土肥氏、三男の土屋氏、 四男の二宮氏などを引き連れて頼朝に味方した。

義次の嫡男は三浦義明、次男は津久井義行、四男の義実は岡崎氏を称し、 その嫡子が佐奈田義忠、次男の義清は土屋氏へ。

義明

義明のときのはじめて三浦のとなる。
治承4年(1180年)源頼朝が挙兵し、小坪合戦衣笠合戦が起こる。
また、建久4年(1193)4月2日、源頼朝が那須野で狩りをしたとき、源頼朝は那須の篠原玉藻稲荷神社に参拝したという。 この神社は、には柚木のような伝説が残こっている。九尾の狐が「玉藻の前」という美女に化身し 鳥羽帝の寵愛を受け、帝の命を奪い日本を我が物にしようとした。 しかし玉藻の前は、陰陽師の阿部泰成によって正体を見破られ、 白面金毛九尾の狐の姿となってこの地那須野が原へ逃げ込んだ。 これを知った朝廷は上野介広常、 三浦介義純(義明)の両名に 九尾の狐を退治を命た。両名により狐は退治され、死して巨石と化し、 その怨念は毒気となって「殺生石」周辺に漂い、近づく人や家畜、 鳥獣をも殺し続けた。
義明の義明の長男が杉本義宗でその子が和田義盛、次男が義澄、 三男が大多和義久、四男が多々良義春、五男が長井義季、十男が佐原義連である。

義澄

義澄は頼朝、頼家に仕え、一ノ谷の合戦壇ノ浦の戦い 、奥州合戦などに参戦した。

義村

義村のとき、和田の乱で和田義盛を支援するという約束を反故にし、和田氏が滅びると、 三浦の犬は友をも食らうといわれた。 また、三代将軍実朝が鶴岡八幡宮上宮で公暁に討たれた。 この事件の黒幕は義村といわれているが、実は北条義時であった。なにもしらない義村は、 家人であった長尾定景に公暁を討たせた。

泰村のときの宝治元年(1247年)宝治合戦で北条時頼により滅ぼされ、衣笠城は廃城となった。

行き方ほか

ネットの地図など多くの地図は、衣笠城の場所が正確でない。バス停から遠く、標高も高く、大善寺からかなり歩くように見えるが、実際は大善寺が城跡。 そのすぐ裏が本丸。平素住んでいた館は、大善寺よりもさらに100メートルほど手前住宅があるところである。 大善寺には広い駐車場があるから、極端な話、城跡まで車でいける。そこから本丸跡まで徒歩1分。

JR横須賀線衣笠駅下車。駅正面を出て広い道を右へ行くと、衣笠十字路の交差点がある。地下道をとおり向こう側へ。右に少し行くと衣笠十字路の大きなバス停がある。

バスで4,5分、三つ目のバス停「衣笠城址」で下車。少し戻って信号を渡って衣笠インターの方へ。正面に衣笠城右の案内板がある。 そこを右に進むとトンネルを経て、衣笠城址前の交差点にでる。そのほんの少し先にもう一つ太田和街道入口の信号がある。そこを渡る。ここまでバス停から約7、8分。

道路に沿って狭い道がある。ほんの少し行くと、左手に案内板がある。そこを直進。(右に行かないこと)急坂を少し登ると駐車場に出る。この駐車場と大善寺は城跡。 二の丸のような役目を果たしていた。

正面右手に狭い階段の道がある。階段をほんの少しのぼるとすぐ大善寺の裏に出る。 そこに案内板がある。少し先に小さな石碑がある。さらに少しのぼると広場があって、そこが城跡。本丸跡。大善寺のすぐ裏。 ここまでバス停から徒歩約15分。

車では、県道26号線で衣笠インターへ。そこからは、電車の場合参照。

注意点

・ 写真の石碑は広場よりも一段と高い物見台の木陰にあるので見落としがち。

・ 浦縦貫道の出口のトンネルを出るとT字路となる。そこを左に曲がるとすぐ行き止まりとなる。その左手に衣笠城跡への山道がある。 この山道は、駅から衣笠公園を経て衣笠山に続くが、のぼりが長く、急坂できつい。普通の靴では無理。ハイキングのつもりで。先に述べた道のほうがはるかに楽で、お勧め。

・ なぜか衣笠インター入口の交差点は横断歩道も、歩道橋もないので、衣笠城址の方に行きたくともいけない。はじめての人は迷ってしまう。 必ずバス停から信号を一つ戻ってその信号を渡ること。バス停の場所が悪い。信号の先ではなく、信号の手前にあるべきである。

・ 衣笠十字路の交差点は、どこにでもあるごく小さな交差点にもかかわらず、人は地下道を通らなければならない。そしてその入口がまたわかりにくい。 始めて行った人、荷物を持った旅行者には極めて不便な交差点。このような交差点は全国どこでも見たことがない。 すぐ渡れるごく小さな交差点なので、ぜひ信号と横断歩道を設置していただきたい。歩行者にとってどんなに楽か。

・ 城跡、バス停およびその近くにトイレ等何もない。駐車場もない。近くに店もない。飲み物等持参のこと。

・ 駅から衣笠十字路に向かう道の右側の裏道にきれいな商店街がある。食べ物・飲み物・着るもの等なんでもある。安い。

INDEXへ