鎌倉・三橋

拡大 鎌倉・三橋(みつはし)

新編相模風土記稿には、「稲瀬川は、源は御輿ヶ嶽より出て南流し、長谷村にて由比浜に会す。往古は水無の瀬川という」とある。

また、「小名大谷の渓間より涌き出る小川あり、上町を経て南流し長谷村内にて稲瀬川に合す。」とある。

明治時代も、大谷戸からの流れと長楽寺からの流れ(旧美奈能瀬川・稲瀬川)が江ノ電長谷駅付近で 合流して一本の川となっていたという。

今は、大谷戸からの流れは、江ノ電長谷駅のすぐ北で、もう一本の小川と合流している。 あるいはここで三つの川(稲瀬川と大谷戸からの流れと長楽寺からの流れ)が合流していたのではないか。

そして三本の川にはそれぞれ橋がかかっていた。橋がすぐ近くに三つあるので三橋というのではないであろうか。

明治時代の半ば以降、長楽寺からの流れ(旧美奈能瀬川・稲瀬川)は大谷戸からの流れと合流しなくなり、現在は二本の川となって海に 注いでいる。

写真の三橋は、長谷交差点にある。現在は、三橋という名の橋は二つまで確認できる。

一説では、三橋の名は、御輿ヶ嶽を水源とする稲瀬川が、長谷村で三つにわかれていた。 その別れるところに架かっていた橋なので三橋という、という。

江ノ電長谷駅より、北へ、すぐ。駐車場なし。その他街中なので何でもある。

INDEXへ