前九年の役

安倍頼良が郡司となって、奧六郡(胆沢、江刺、和賀、紫波、稗貫、岩手)を治めていた。

永承6年(1051年)陸奥守・藤原登任は、賦貢しない、傭役を果たさないなどを口実に秋田城介・平重成とともに安倍頼良を攻め、 鬼切部で戦いとなった。(鬼切部合戦)

この戦いで、陸奥守・秋田城介の官軍は敗れた。驚いた朝廷は永承7年(1052年)源頼義を陸奥守兼鎮守府将軍に送り込んだ。 しかしこの年大赦令がでて安倍頼良は許される。安倍頼良は名を頼時と改め、朝廷に服従することとなったが、 一件落着とはならなかった。

天喜4年(1056年)源頼義の陸奥守の任期が終わり、鎮守府胆沢城から国府多賀城へ還る途中、 阿久利川において源頼義に随行していた藤原光貞、元貞らが何者かに襲われ、人馬が殺傷されたという。(阿久利川事件)

この事件は、実は藤原光貞らの在庁官人が頼義を利用して安倍氏を討とうと仕組んだ事件だった。 源頼義は一方的に犯人を安倍貞任とし、親の安倍頼時に引渡しを求めた。しかし安倍頼時は、無実の安倍貞任を引き渡さなかった。 その結果両者は戦うこととなった。

源頼義は安倍富忠を味方に付けた。驚いた安倍頼時は、天喜5年(1057年)自ら兵を率いて安倍富忠の説得に赴いた。 しかし、安倍富忠はこれに応じず両者は二日間戦った。このとき安倍頼時は流矢にあたり、 鳥海柵まで引き返したが息を引き取った。

安倍頼時が死んだが、源頼義は安倍貞任を討つまで戦いを止めなかった。

同年11月、何としても安倍氏を打ち滅ぼして、官位と財を手にしたい源頼義は安倍貞任を攻め、黄海で戦った。(黄海の戦い)

しかしこの戦いで、源頼義は大敗。勝ち目が全く無いことを悟った源頼義は、名簿を出し、家来になるから助けてくれといって、 清原武則に救いを求めた。

康平5年(1062年)7月、清原武則は要請に応え参戦した。 その結果、安倍貞任は、河崎の柵、小松の柵、石坂柵、業近柵、衣川館の戦いに敗れ、 安倍宗任の居城鳥海柵も捨てて逃走する。

黒沢尻の柵、鶴脛の柵、比与鳥の柵も相次いで破られ、同年9月、安倍貞任の居城、 厨川の柵と嫗戸の柵が落城して戦いは終わった。

この戦いで、安倍頼時を討ったのは、安倍富忠だし、阿部貞任を討ったのは、清原武則である。 安倍氏に全く歯が立たない鎮守府将軍源頼義は、清原武則に頼んでやっと鎮圧することができた。

INDEXへ