[ 戻る ]        TOPページへ戻る

平成12年4月30日 晴れ
★千曲川(川上村・相木村・八千穂村)★

川上村上流部
★土曜の夜7時30分過ぎ浦和出発し、佐久インターを出て141号へ、141は右へ左へと案内が出ていてチョット迷って清里方面へ。
相木村へ近づくとコンビニで遊魚券を買うことができた。
★川上村へ着いたのは、12時近かった。一通り上流まで車を走らせたが、水量が少ない、釣果を得るなら小海線沿いの下流部のようだ。
結局、村役場の少し上の橋下に駐車スペースを見つける。気温2度、寒いので車中で乾杯となった。
相棒のNOGUは、電車で2時間半をかけ浦和へきて、車の運転までしてもらったせいで、寝袋に入って直ぐ声をかけたら返事が無い。
★翌朝寝坊をして6時半、村の奥さんたちが話こんでいる。のんびりと川へ入ると、水量は足首ていど(時期が悪かったのか)川底は砂地と、泥をかぶったところが目立った。唯一見つけた落ち込みで、チビ岩魚を1尾あげただけに終わった。
★秋山橋で支流と合流してる。支流には、ダンプ用の鉄板が2本、橋がわりにかけてあり、少し上で山を崩している。釣りをする気分でないので終了とした。
車まで村を歩くと目立つのは、平らにならされた畑である。すべてレタス畑なのだろうか、この村はレタス御殿と呼ばれているときいたが。
一番目立ったのは、この時期満開の見事な桜だ。桜で気分をなごませて相木村へ移動する。

八千穂村大石川

八千穂村大石川
★川上村中流部から山越えし相木川へ向かうが水量がない、帰りの渋滞が気になるので竿も出さず八千穂村の大石川へ急ぐ。
(相木川は工事のため川が埋められ、チューブで水を通していた。)
★時期的なものだろうが、大石川も水量がないが釣人は、まんべんなく入っている。
車を上流へ少し走らせると、橋の下に滝が見える。滝の真上から壷へ入れるとすぐにチビ岩魚がかかる。さらに岩のえぐれから20センチのヤマメが、今回はこれで終了(14時)急いで佐久インターへ。
[ 戻る ]        TOPページへ戻る