[ 戻る ] 相棒のレポート TOPページへ戻る


5:00 所沢出発 秩父を抜け、つづら折の峠を2つ越えやっと8:00に南相木に到着 運転は、同行のK氏がしていた為、車酔い・・・・
入漁券をいつも寄っているという、農家のおばちゃんのところで1570で購入、 ついでに飴も貰う。
聞けば、明日4/28にイワナの放流があるとの事で、自分に放流ものを釣りに来たわけでは 無いと言い聞かせるがチョット残念。
そうだ、今回のメンバーは、K氏、S氏、私 +別行動のM氏(一人で日野から車で参加)
M氏は、先に相木川に着いたが、人が多く入渓するところを決めかねうろうろ、 そこへ、合流し情報交換。
こちらは、大石川へ、M氏はそのまま南相木川
大石川は、千曲川合流点から入渓し、1.5Kmほど先のなめ滝までを釣行
水量も多く見かけも長野にしては良い
合流から少し上がったところで、イワナ 17aが小さな落ち込みが続く泡の中でヒット
それから国道の橋をくぐり、少し上がったところでこんどは、ヤマメ 17aをヒット、 ゆったりした流れのなかだった 2匹ともリリースし、さらに上流へ
なめ滝に先に着いていたK氏に合流、聞けば大物をヒットさせ取り込めず下流まで 一緒に降ったが引き抜こうとしてプッツン・・・ すごく悔しがっていました。(たぶんヤマメ 30近くはあったのでは・・・) K氏は、0.3を使っているので無理せず、引き寄せてタモに入れれば・・・後悔
なめ滝は、まだ入れていないとの事で、やってくれとの事で幅15m奥行き10m右側から入れてみるが 反応なし、真ん中から攻めるが反応なしであきらめる。
スケベ根性を出し、少し戻り大物を逃したあたりへ・・・
大石の間の深みへ入れたとたんアタリ・・・
これはと思いあわせると 25a イワナ ヘヘヘ・・・
これは今年初めてのキープ K氏は、イワナ、ヤマメ 17〜19ぐらい 3尾をキープ、S氏はZERO
別行動のM氏も合流し、”ラーメンとんた”で味噌ラーメンを食べる
S氏がZEROの為、K氏が実績のある南相木の役場裏に入渓しようとなり向かう
到着すると、昼のカップラーメンを食べている釣り師二人が居たが、そこから入渓
M氏は、大石川の先ほどの、なめ滝より上を釣るとの事。
S氏を先頭にK氏、私はだいぶ間を空け、後を追う。
両岸には、住宅があり、護岸され、じゃら瀬続き。
苦手な瀬続きの上、ここは釣り師が多く入っており、気持ちが入らない・・・
しかし、何とかなるだとうと、大石川で拾った、川虫の真空パックを使ったり、護岸に上がり、道路から釣ったり して進む、ようやく、17aのイワナをゲットして二人に見せたくて、いつも通り、スーパーバックに水を入れキープ それより少し小さめのイワナを追加して、二人を追う。
二人に見せ、写真に収めリリース。
車に戻り、時間も16:00を回り、最後に同じ南相木川の上流へ・・・
昨年 10月にオープンしたばかりの町営の温泉センターの上と下に別れ釣る
M氏より連絡が入り、大石川で 24a と 27aを上げるが、27aをタモから、ビクへ入れるところで 逃げられる・・・シクシク とりあえず 24aはキープとの事 どちらもヤマメ
S氏は残念ながら最後までキープは出ませんでした・・・
皆で、町営の風呂に入る。 料金は 350円、新しく、広く、きれいで、泡風呂、サウナ、露天風呂まで付いているし、大広間もあり、食事も出来る なんてお得な温泉・・・・・ これは一見  イヤ、一風呂の価値あり(名前は忘れたが、南相木の温泉です)
帰りに佐久まで行き、”草笛”という蕎麦やで蕎麦を食べて帰ろうという事になり、佐久へ向かう。 佐久市内でも有名(ボリュームがあり、1人前でも多いのに、中盛りで2人前ある)だそうです。 初めてもあり、中盛りをオーダー、桶のような入れ物にどっさり蕎麦が入っており、 さすがの私でも苦しい・・・・
S氏はインターネットで調べ、もり蕎麦とかき揚げ単品のオーダーが人気との事で、オーダー やっぱり、それにすればよかった・・・中盛りは途中で飽きる
もり蕎麦 550円 中盛り +350円
かき揚げ 180円(お得)
この時点で20:00近く、最初は、峠越えで帰る予定でしたが、私が反対し、ここまで来たら 佐久ICより関越で帰ろうと言い、帰る。(腹は苦しいし、3時間の峠越えしなくてよかった・・・)
所沢に着いたのは、22:30でした。 お疲れさま。
天気は、朝一は少し寒く、日中は気温も上がり快適、日が傾くとまた寒さが戻る。
今年初めてのキープも出たし、満足。
大石川はまた行ってみたい川でした。
[ 戻る ]