[ 戻る ]        TOPページへ戻る



5月3日、4時30分入渓。
快晴だが風が強く、仕掛けが吹流しの状態になる。
相棒は高速道の下から、息子と私は少し上流の山側の流れからつり始めたが、水量は多く流れが速い。
対岸へ渡渉することもできず、ポイントが限られてしまった。ましてや、息子は渓流でのルアーは初めてに等しい、キャストしてもあっと言う間に、何処に流れたのか分からない状態が続く。
さすがにGW半ばともなれば荒れ放題で当たりすらなく、一つのポイントで粘る釣りが続いた。
いつもなら同じポイントを50回も流せばヒットするところだが、当たりが一度あっただけで3時間が過ぎた。
あきらめて先を行く相棒と息子を追う。追いつくと、息子が手元までルアーを追ってきたものをバラしたところと、さらっとしていたが、内心悔しがっているはずだ。 魚がいるのは分かった、後は腕しだいかー。
少し上で相棒がスーパーバッグになにやら入れている。笛で呼ぶと、指で2と4を出している。
透明の袋に黒いものなので岩魚の24センチと分かる。
これで今晩の酒の肴が確保できたが、まだ一人分でだよねー、このままじゃ、引き下がれない、パンとお茶で朝食とりながら作戦をねる。
少し上の小堰堤なら釣り大会のおこぼれのレインボーがいるはず、ルアーにはもってこいのところと言うことで息子と移動する。
やはり、当たりなしどころか、私の置いておいた竿がスルスルと流れに・・・何たる失態、泳いで行ってしまった。流れが速い、あっという間に見えなくなってしまった。息子を頼むと相棒に言い残し、大石ゴロゴロ帯を走る。まるで一大事でも起きたかの様に。
安物とはいえ、釣り師の命、海までも追いかけるつもりかと相棒は思ったに違いない。
幸い竿は、仕掛けが石に絡み100メートルほど下流で無傷のまま回収できた。
魚野川は3年ほど前から工事していて中州を置いて2本あった流れが一本になっている。
【上】の画像は高速道の少し上流の右岸の流れで、 竿を回収できた場所。
【右】の画像が上の画像と同等の流れが、かつてあったと思われる左岸の風景。
9時30分上流の土樽駅付近へ移動する。
当たりもないまま時間が流れるのみで集中力が切れているところへ竿を上げると、いつのまにかヒットと思いきや、相棒の目の前でバラしてしまう。まだまだ修行が足りないせいである。
鉄橋の下の堰堤で、息子と相棒が粘るが空振り、やけくそで入れたのでしょうコンクリートの四角い穴に潜んでいる岩魚22センチを相棒が釣り上げた。
ここで2人前の食料は確保。あと1尾は?
昼食は、名物の「へぎ蕎麦」を食べることにしていたので、湯沢駅前の店へ行くと、 あらー、なんと店の入り口に行列ができている。 無理もないGWの観光地、しかも昼時、へぎ蕎麦をあきらめ近くで、やたらと太くて硬い蕎麦を食べる。(名前は忘れた)
昼食後、相棒の計らいでルアーが思いっきり振れる大源太キャンプ場へ向かう。
キャンプ場の下は、ダムになっており、釣りもできるし、ボートにも乗れる。かつては釣堀もあったが、今はレストランのみ営業している。
息子と私は、16時までルアーを振ったが、ハヤ1尾で終了。相棒はキャンプ場前を釣り上がったが、子供が水遊びしててねー・・・と。
駐車場で、お湯を沸かしカップラーメンを食べながら次の策を練る。(まだ夕まづめがある)
17時、魚野川支流の毛渡沢
へ移動、あと一人分の食料を確保しなくてはね。
林道の車止めに着くと、3台の車とテントが一張りで、お泊りが1台で、あとは登山組と思われる。
橋から上流下流の状況を見る。幅1メートルほどの橋は、片側だけあったはずの手すりが、両方とも無くなっており、更に台風なみの風でチョット心配(高さは3メートル程)
竿が大きく曲がる、大物ヒット・・・・・・・ではない、あまりの強風で、しなっているのだ。
両手で竿を支える、まるで団旗を持っているようにね。 これでは魚の当たりが分かるはずもないが、竿を上げると鯉のぼりか(明後日は子供の日)いや岩魚のぼりだ、19センチが、はためいていた。20センチ以下はキープしないのだが、大事な3人目の今晩の食料なので、キープさせて頂いた。
上流から戻った相棒の袋には21センチの岩魚。
これで骨酒の分も確保できたわけでキープして18時、本日終了。
湯沢フィッシングパーク近くの共同浴場へ汗を流しにと、腰の痛みを癒しに入る。なんと超満員で洗い場は並んで待った程。
生協で焼肉とウインナーを買い、昨夜の高速道下へ戻る。既に日は落ちていた。
さー宴会だ、なんと言っても一番の楽しみはこれですよ、釣果は最低だったし。さっそく焚き火の準備、これは相棒流で、穴を掘り石を積み、使用後は掘った土を埋め戻し、石を片付け元道りにする。
今晩のメインは、相棒が用意してくれたバジルスパゲティー だ。
乾杯ー・・・24時、酔眠・・・。
翌日4日、5時、昨日と同じで魚野川を釣るがボウズ。
魚野川との合流点から、毛渡沢の堰堤上のプールで息子はルアーを、相棒と私は、その上流へ釣り上がる。 釣果は画像のとおり、岩魚26、21とチビで天然もの。
これで釣果は相棒と帳尻があった。
プールへ戻る、息子は岩魚をバラして悔しそう。
12時釣行無事終了。親子共ども世話になった相棒に感謝。

松川橋ですが、仮設の橋は無くなり、落ちたところをコの字に補修してあり、一日中渡れてるようです。

【土産】湯沢IC付近の寺泊港直送店で、いつものイカの一夜干(3枚1000円)、ホッケ(1尾150円)

[ 戻る ]