[ 戻る ] 平成11年5月22日、23日 快晴 TOPページへ戻る

★魚野川と登川★
★魚野川で96年にも見た岩魚の奇形、右のえらが短い★ 魚野川の奇形の岩魚右のえらが短い ★今シーズン初の釣行は、護岸工事中の魚野川の様子を見るためと、昨年最後に入った登川を探るためだ。昨シーズン、ルアーで参加したグッチさんに、湯沢のリゾートマンションを予約して頂き、グッチさんと、吉川テッちゃん、とよちゃん、そして初参加のNOGUチン(撮影班とドライバーも担当)、の5人のメンバーによる釣行となった。

★5月22日(土) 9時30分駅までメンバーを迎えに行く。そのまま渋滞ぎみの関越道を走り12時40分湯沢着。コンビニで魚券を、スポーツ店でミミズを、酒屋とスーパーで食料をと、今夜の宴の準備をすませる。スポーツ店のおやじの情報のよると、去年の台風の影響で魚野川は、護岸工事をしているが、濁りは無く大丈夫ですよと言うことだ。

★14時半過ぎ、松川橋の上の関越道の下から入渓、下流は、フィッシングセンターまでは、直線的な流れに、両サイドは石が不自然に積まれ、釣りをする気分ではないが、上流は昨年と変わっていないようだ。とにかく水は澄んでいるし、天気は憎らしいほど快晴。こんなドンピカ天気の真っ昼間に釣れるわけないよなーと言いつつも、中州をはさんで二手に分かれて釣り始める。

★私のお気に入りの山側に、フライマンが二人先行していたが、水量が多いためかパスしたようだ。本日デビューのN氏を連れて流れの中を釣り進むうちに、22センチと小ぶりの岩魚が2尾あがった。先行しているN氏はカジカを釣り上げて大喜び、初物なので写真を撮ってと・・・(後で骨酒になった)。

夕暮れになると皆に小ぶりのヤマメがヒットし始め、帰りも竿を出しながら戻って行ったS氏が20センチオーバーのヤマメを数年ぶりに釣って嬉しそうだ。日が落ちるまで遊んで本日終了、明日は登川だ。おっとその前に温泉と宴会・・・・

★一夜明けて・・・とっくに明け過ぎて8時半を過ぎている、結局登川のさわぐち橋に着いたのは昼近くになっていた。昨日に続き晴天で、水は澄んでいるが風があり、仕掛けは時折吹き流しの状態にる。3時に戻ることにして、それぞれが橋から下流へと散った。画像の通り広く開け、水量もあり多人数のときや、先行者がいても気にならないほどポイントも多い様に感じる。途中、I氏がルアーで初の岩魚GET(16センチ位)同じ場所で私も子岩魚が、その後も数尾を上げるも、型が小さい。

★登川でルアーにヒット中★ 登川でルアーにヒット中
★登川の広い流れ★ 登川の広い流れ
★今回のメンバー★ 今回のメンバー
[ 戻る ]        TOPページへ戻る