アカアシリクガメ”チェリーヘッドブラジリアンドワーフ”(Geochelone carbonaria?)

普通のアカアシリクガメは甲長50cmにもなる大型種だが、この「チェリーヘッドブラジリアンドワーフ」と呼ばれる

一群は大きくても20cm前後ということだ。本当のところはよく分からない・・・

一部では「ミニじゃないミニウサギじゃないの〜?」なんて言われてる・・・。実際は25cm程度にはなる様子

餌は小松菜、チンゲン菜に人工飼料(スドーのトータスフード)。たまにタンポポの葉

 

購入後すぐ。まだ餌を食べなかった頃 ←2001年 2002年→最近になって雌雄判別が出来るようになりました。結果は♂♀  

ちょっと暗いですね…←2003年 2004年→…。どんどん電池が小さく写ってくる

…。そろそろ成長も止まる頃でしょう…

 

2003.11.9追記

引越しのため環境が変わったが、相変わらず好調だと思う

某店開店セールで購入(スペシャルプライス)      某店閉店セールで購入(激安)

もともと丸い甲羅だったが、今も綺麗な甲羅。最近成長期              最初から多少のボコリがあったが、うちにきてから成長した部分

                                                 は綺麗に育っている

2003年の8月には交尾の真似事

お遊び?

まだちょっと早かったようだ。一ヵ月後引越しをして環境が変わったが、2004年夏も交尾のフリをした

back